美肌を語るシミず先生

スキンケア化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。美肌への道は「保湿に始まり保湿に終わる」自分と体質が似ている姪の悩みのニキビについてもケアについて書きます。

・女性用育毛剤(ヘアケア)についても書いています。


⇒⇒抜け毛がひどい50代女性の育毛剤おすすめ4選を薄毛対策で比較

比較してみた「ライスパワーNo11」のコーセー米肌とライスフォース

保湿にはライスパワーといいますが、ライスフォースとコーセー米肌

f:id:rumimarusr:20161008145639j:plain

寒くなってきますと、とかく気になるのが肌荒れ、肌の乾燥です。

保湿系ケアの出番です。

今回の内容

 

 

保湿系といいますと、知っている人ならすぐに頭に浮かぶのがライスパワーNO11です。

 

何と言っても、医薬部外品の効能として、唯一、たったひとつだけ「水分保持能の改善」を認められた有効成分だからです。

 

肌ダメージの原因は、「乾燥」ということは、私も何度もこのブログで書きました。

書きすぎてどれくらいになるのかわからないくらいです。肌の手入れは、保湿に始まり、保湿に終わるというくらいです。

 

化粧水をつけても一時しのぎで、肌がすぐに乾燥してしまう、そのような悩みは多いものです。それは肌のセラミドが減ってきているからですね。赤ちゃんの肌はセラミドがいっぱいなのに、年を重ねるごとに減るのです。それには、肌自らがセラミドを産み出す力のためにもライスパワーNO11です。

 

保湿といったら、ライスパワーNO11です。肌荒れ、小ジワ、キメの乱れなど乾燥からくる肌トラブルには、ライスパワーNO11なのです。

 

乾燥から来る小ジワ、肌荒れ、キメの乱れ、くすみにはライスパワーNO11

さて、米肌の肌潤は、ライスパワーエキスNO11配合がウリですが、同じくライスパワーエキスNO11が含まれている基礎化粧品シリーズといいましたら、ライスフォースも有名です。

 

肌潤のクリームです。今の時期は乾燥対策に保湿系が必要不可欠です。

f:id:rumimarusr:20171019221622j:plain

 

ということで、ライスフォースのトライアルとは何が違うのか調べてみました。両方とも、濃いブルーの容器に入っています。ステキな色合いで私は気に入っています。とかく女性向けのものとなると、ピンクを使うことが多いのですが、落ち着いた色合いなので爽やかなイメージです。

 

さて、ライスフォースとコーセー米肌「肌潤」の比較です。まず、大事なのが値段です。

 

税抜き価格で見てみましょう。

米肌が1,389円なのに対して、ライスフォースは1,400円です(ライスフォースはほかに3品だけの本当に試すだけのトライアルセットがあってそちらは、900円です)。

 

日数について

何日分入っているかについては、米肌が14日分なのに対して、ライスフォースは10日分です。

 

内容物について

内容物は、米肌が4品+プレゼント特典が1品なのに対して、ライスフォースは5品です(3品だけのものもあり)。

 

中身の内容

内訳は、米肌が石鹸、化粧水、美容液、クリームそして、プレゼント特典の化粧水マスクです。

ライスフォースは、化粧水、美容液、クリーム、美白美容液、日焼け止め化粧下地になっています。

 

このように見ていきますと、美白系のもの(日焼け止めも含む)も含めて幅広いセットが欲しい人は「ライスフォース」で、石けんや洗顔用のものも試してみたい人は「米肌」ということになります。

 

 ライスフォースは、基本の紫外線+美白ケア付き(1,400円)のほうで比較しています。

 

   米肌   ライスフォース 
価格  1,389円  1,400円
使用できる期間   14日分  10日分
内容物  肌潤石鹸
   化粧水
 美容液
 クリーム
 特典用美容液マスク
 化粧水
 美容液
 クリーム
 美白美容液
 日焼け止め

 

両方ともに、保湿力があること、乾燥肌でも「もっちり肌」になることなどが「推し」内容となっています。

 

肌にハリを取り戻して、ふっくら、もっちりしてくれないと、ほうれい線が目立つことになりますからね。肌がだらーんと下がって、ブルドッグのようになると、ほうれい線は目立ちます。

 

肌には、潤いとハリが必要です。毛穴の悩みだって、ハリがあって肌がふっくらしていたら、毛穴が小さく見えるものです。太った人のお腹をみると、ふっくらしているから、おへその穴が目立たないじゃぁありませんか!あれと同じです。

 

このように肌がふっくらするには水分保持力が必要です。水分保持というとコラーゲン、ヒアルロン酸は比較的多くの人が知っていますが、それに比べてライスパワーエキスNO11のほうは、知らない人もけっこういるので、実は、すごい成分なのだよということです。

 

⇒⇒⇒コーセー 米肌

 

⇒⇒⇒ライスフォース

 

 美白対策の製品2品が試せるライスフォース

ただ、ライスフォースのサイトをじっくり読んでみますと、美白対策の2品は、ホワイトニングクリアエッセンスには、「ライスパワーエキスNO23」となってて、UVプロテクトミルクは「ライスパワーエキスNO1」となっていまして、ライスパワーエキスNO11ではありませんでした。

 

美白対策には、ライスパワーエキスNO11とは別のライスパワーエキスがいいのでしょう。

 

なお、コーセーは美白対策でお試し用のものは無いのかと思わるかもしれませんが、別途ありまして、米肌の中でも名前が違うのです。「澄肌美白お試しセット」です。ただ、こちらもライスパワーエキスNO11ではなかったと思います(NO11は美白対策より、やはり保湿用なのですね)。

 

それについては、以前、私のブログでも紹介しました。

「米肌」美白化粧品トライアルセット

 

kesho.hatenablog.com

 

コーセーの場合は、トライアルセットは、保湿なら保湿用、美白対策なら美白用と別に注文するかたちになります。

 

とにかく、基本の化粧水、美容液、クリームにプラスして、一緒に美白対策や日焼け止めになるものもついでだから試してみたい!という人は、ライスフォースのトライアルセットになるでしょう。

 

ライスフォースのトライアルセットのサイトへ 

 

>>>>たっぷり約10日分・・・しっかり試せてうるおうお肌へ『ライスフォース トライアルキット』

 

コーセーの米肌「肌潤」は特に美容液にライスパワーNO11が高濃度配合

乾燥から来る肌ダメージ、ハリ不足、くすみ、肌荒れ、毛穴の開きについては保湿系がいいですから、先ほど書いたコーセー澄肌飛白セットではなく、米肌の「肌潤」の「潤い体感セット」になります。

 

保湿用の基礎化粧品シリーズとなります。同じように5品入っていますが(ひとつは特典として)、保湿系の基礎化粧品です。石けん、化粧水、美容液、クリームのフルラインを試すことができます。

 

私としては、この「肌潤石鹸 」が入っていることがポイント高いと思います。私はこの「肌潤石鹸」が好きなのです)。

 

f:id:rumimarusr:20171019221631j:plain

 

それと、ライスフォースのほうは、本品だと化粧水が1本、税抜きで8,000円です。同じく美容液は、10,000円で、クリームは、8,000円にもなってしまいます。

 

本品を買うことを考えると、その点はコーセーかな。

 

同じく税抜き価格で見ますが、化粧水は、5,000円ですし、エッセンス(美容液)は7,000円しますけど、クリームも5,000円です。化粧水のつめかえ用だと4,500円ですからね。

 

f:id:rumimarusr:20171019221627j:plain

 

どのような製品なのかは、自分の肌で確かめるのが一番です。ライスパワーエキスNO11は、肌のターンオーバーを整えることで肌荒れの予防にもなりますし、そのような基礎化粧品ですから、低刺激です

 

このようなフルラインでお試しできるのですから、トライアルセットがいいですよ。自分の肌で確かめてみる。なんせ、化粧水から、石けんから美容液にクリームまで試すことができますから。

 

まずは、試しに使ってみましょう!

 

コーセーのトライアルセットなら、1,389円(税抜)で、石けん(洗顔用)から全部試すことができますよ。

 

コーセーのサイトへ 

>>>>「米肌」豪華トライアル5点セット!<通販限定・送料無料>1,389円(税抜)