美肌を語るシミず先生

スキンケア化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。美肌への道は「保湿に始まり保湿に終わる」自分と体質が似ている姪の悩みのニキビについてもケアについて書きます。

脂性肌になるのはなぜ?にきび対策など

オイリー肌の肌トラブルはニキビが

化粧品検定の本やら、いろいろとスキンケアや基礎化粧品に関する書籍を読んでいますので、わかったことをまとめていきたいと思います。

 

今回は主に、脂性肌(あぶらしょう)についてです。

f:id:rumimarusr:20170424151739j:image

脂性肌と乾燥 

私自身もかなり勘違いしてきた部分があったのです。

 

私は若い頃はかなりの脂性肌でした。今は、混合肌ですね。変に、敏感肌でもありますが。

 

さて、書籍を何冊も読んでみて、私が勘違いしてきた部分のことです。

 

それは、、、

 

脂性肌(オイリー肌)は、乾燥とは縁がないものと思っていたことです。乾燥肌という言葉があるから、脂性肌だと思っていました。

 

最近でこそ、インナードライという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、脂性肌なのに、乾燥肌ということもあります。乾燥肌というよりは、乾燥ですね。

 

私はオイリー肌よ、と思っていて、乾燥とは無縁と思っていませんか。

 

肌内部が乾燥しているために、皮膚ががんばって水分が逃げているから皮脂が足りないぞ、ということで、またまたアブラを出すのです。

 

オイリー肌自体は、読んで字のごとく、皮脂が皮膚に多く出ていることです。わかりやすいのが、あぶらとり紙を使うことです。私なんか、あぶらとり紙を使い出すと、止まらなくなっていましたよ。

 

そのうえ、20代、30代はオイリー肌であっても、普通は中年、40歳から45歳くらいまでには脂性肌から卒業すると言われていますがなかなか治らなかったです。これは体質なのでしょうね。

 

なぜ他の人よりも皮脂が出るのか

皮脂が出ることは、男性ホルモンやステロイドの一種がかかわっていると言われています。ホルモンがかかわっているのですね。

 

一般に、思春期のころと、30歳代後半から40歳代始めのいわゆるアラフォー世代もこれまたオイリー肌になりやすいと言われています。

 

私もまさに、この時期でした!高校生の頃、10代後半が一山のピークが来て、さらに30歳代後半にも山がきました。30歳代後半は、大人ニキビに悩まされました。

 

中には、肌の老化で毛穴が開きやすくなっている人もこれまた、毛穴が開いているわけですから、そこから皮脂が出て脂性肌になることもあります。真皮という部分のコラーゲンが不足してふっくらお肌ではなくなり、しぼんだお肌になることで、毛穴開きが目立つようになります。

 

私の場合は、遺伝が一番、二番目が生活習慣だったのだろうと今は思っています。

 

特にステロイドの一種、アンドロゲンが皮脂の分泌活性を高めると聞きまして、このような場合は、大人ニキビの人に多い脂性肌がけっこう長く続くことになりがちだそうですよ。

 

また、最初、男性ホルモンが皮脂が多く出ることと関わりがあるということを聞いた時、これは自分が男性化しているのだろうかと思った時期もありました。皮脂の分泌に直接関わりのあるのが男性ホルモンなのだと聞いたからです。

 

皮脂の分泌が多くなることだけでなく、髪の毛が薄くなってくることも、男性ホルモンがかかわりあるそうですよ。女性にだって男性ホルモンはありますから。

 

遺伝的要素もありますから、なんとも言えませんが、思春期の頃のようなホルモンバランス自体が乱れやすい時期にニキビに悩まされるわけですから、男性ホルモンなどが関係しているのだろうなと予想はつきました。

 

洗顔と脂性肌(洗いすぎと洗いが不十分な場合)

また、思春期は新陳代謝も活発ですから、皮脂も出やすくなるのでしょう。思春期の頃の皮膚は、ターンオーバーも周期的に変わっていて、短めといわれています。年を取ってきますと、そのへんが28日周期だったのが、伸びてきまして、シミなどが蓄積されやすくなりますね。

 

若いうちのニキビは洗顔が原因のこともあるそうです。洗顔が足りていない、もしくは、足りているけれどすすぎが不十分で、皮脂が毛穴に残ったままということがありがちなのです。

 

反対に、大人ニキビの場合、30歳代後半くらいに多いのですが、その頃になりますと、今度は逆に、洗顔のしすぎ、皮脂のとりすぎでなることが多いようです。あーまた脂が出たーとばかりに洗ってばかりいると、肌から水分が逃げていき、今度は身体の中で水分が足りないぞと、もっと皮脂を出せと命令して、皮脂が出るというサイクルになってしまうのです。

 

これまた私も経験があるのでわかりますが、体質も大きいですよね。あと、ホルモンバランスがどうしても乱れやすい生理前後がよくない、ということもあります。

 

食生活も関わりあり

また、食生活もありますね。オイリー肌の人こそ、脂っぽい食べ物が好きということもあります。バター、生クリームが好きではありませんか。特にバターはクッキーの中に入っていたりして、知らず知らずに取っていることがあります。

 

肉を食べるにしても脂身が好きだとか、炒め物にラードを使っているとかあるかもしれませんね。あとはチーズでしょう。これはそのまま食べる場合もありますが、ピザに入っているとかありますからね。

 

そうそう、油には不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸がありますが、不飽和脂肪酸はオリーブオイルや魚のあぶら、くるみのあぶらなどに含まれています。オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸とか聞いたことがありませんか。

 

それに対して、飽和脂肪酸は肉や乳製品に多く含まれています。この飽和脂肪酸が毛穴つまりの原因ともいわれています。それでもまったく取らないのもバランスを崩しますから、すべては過剰な摂取に気をつけるということでしょう。

 

生活習慣特に、睡眠

これは、寝ろということです(笑)。睡眠不足はお肌の大敵です。あとはストレスでしょうね。睡眠不足が招いたストレスなら、これはマックスです。

 

ホルモンバランスが実は、重要な要素ではないかと私はにらんでいます。

 

そうなりますと、とりあえずできることとしては、よく寝ること、ストレスをためないこと、です。

 

先にも書きましたが、ホルモンバランス自体が乱れるのが当たり前の思春期のころと、ストレスが溜まりやすくてホルモンバランスを見出しやすい30代ころがピークになることを考えますと、やはり、ホルモンバランスの乱れが皮脂が出やすくなる原因だろうなと思うわけですよ。

 

それにはストレスをためないこと、睡眠をしっかり取ることが大事です。そうしているうちにホルモンバランスの乱れも治ってきて、それが連動して肌の調子もよくなる、ということです。

 

ただ、これは言うは易く行うは難しですよね。あとは、しっかりスキンケアすることで防ぐ、ということになりますかね。

 

以上、脂性肌、オイリー肌の人が見直すべきことと、皮脂が原因でなっているニキビ対策にもなることを書きました。ニキビについてはまた改めて書きたいと思っています。

 

こちらの記事もどうぞ。

 

kesho.hatenablog.com