美肌を語るシミず先生

ファンデーション、オールインワンなど基礎化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。美肌への道は「保湿に始まり保湿に終わる」姪のニキビのケアについても記載あり

・女性用育毛剤(ヘアケア)についても書いています。


⇒⇒抜け毛がひどい50代女性の育毛剤おすすめ4選を薄毛対策で比較

ビーグレンのエイジングケア「ほうれい線、たるみ、たるみ毛穴、くすみ」の口コミをブログに

頬のたるみに「Qusomeリフト」入りたるみ・ほうれい線ケアのビーグレンのトライアルセット

f:id:rumimarusr:20180527180247j:image

顔のたるみ対策としては、病院に行って医療的に治す、美容整形術を受けるなどがあります。

 

病院に行ってというのは、私のブログではとりあげないので、それ以外の方法を考えたいと思います。

 

 

最近は美容器具もいろいろと研究されて肌に当てるだけで、肌を活性化させるだとかありますね。その他に美容器具を使って毎日マッサージするという方法もあります。

 

ただ、美容器具を買ったものの最初のうちだけ一生懸命使っていて、1年もしたら、放置しているという人もいるんじゃないかと思うのですよ。

 

美容器具でのマッサージは、日々の習慣になっている人はそれで続けていただければいいのですが、なかなか習慣化されていないのです。

 

顔を洗って、スキンケアして、という行動よりもひと手間かかるからでしょうね。洗顔後のスキンケアは習慣になっているから、続けなきゃというよりは、日常の動作のひとつになっていることが多いから、続けなきゃではなく、続いている、なのです。

 

ただ、基礎化粧品を使ってのスキンケアはそれほど目に見えて効果が出るとは言い難いです。長い目で見たら、何も対策しなかったら、マイナス10になっていたところをマイナス7くらいにとどめていたというのが現状だと思いますよ。

 

化粧品を使って対策するというのは、目に見えて劇的な改善効果!というものでもなく、どちらかというとせいぜい現状維持にとどまることが多いものです。

 

たった1回で、ほうれい線が消えた!とか、一瞬でたるみが治ったとか言うのは、眉唾ものですね。

 

そうはいうものの、日々のスキンケアで少しでも老化を遅らせたいではありませんか。

 

美魔女になりたいわ!というよりも、現状維持、もしくは、ちょっぴりでもいいから、肌の老化を遅らせたいということです。

 

ということで、肌のたるみ対策、ほうれい線まわりの悩みをすぐさま劇的に改善したいのでしたら、医療に頼ってもらうとして、それ以外、基礎化粧品で対策したいという人に今回はお届けいたしましょう。

 

ビーグレンのトライアルセットです。それもかなりピンポイントの悩み解決スキンケアです。

 

なんせ「ほうれい線、顔のたるみ、たるみ毛穴、くすみ」と箱に書かれたトライアルセットなのですから。

 

 

ビーグレンのエイジングケア(たるみ・ほうれい線ケア)について詳しくはビーグレンのサイトへ

 

>>>たるみ・ほうれい線ケア

 

 

たるみ対策に!顔がたるむと、あごのたるみや、重量からたるみ毛穴にも

f:id:rumimarusr:20180527180251j:image

 箱を開けますと、このように真っ白な冊子がトライアル商品の上に乗っています。

 

この冊子に使い方の説明などが書いてありますから、すぐさま捨てないでね。

7日間のセットが冊子の下にあります。

 

なお、余談ですが、7日間とはいうものの、私の場合7日以上使うことができました。

一見すると小さめのチューブなのですが、思ったよりも中身が入っていたので、意外と長く使えましたよ。

 

それにしてもトライアルセットとはいえ、洗顔からクリームまで、フルラインですよね。

 

「ほうれい線、顔のたるみ、たるみ毛穴、くすみ」用のトライアルセットとなります。

 

ビーグレンは、たるみの原因にアプローチしています。

たるみの原因は、

  1. 引き上げる力の減少
  2. 皮膚のたるみ(私はまさに、これ)
  3. 顔のむくみ

であると言っています。

 

ビーグレンのたるみケアは、5つのリフトアップ成分と形状キープ成分で、悩みを解消します。

それには、

引っ張り上げる、ふっくらさせる、むくみを取るの3方法を使います。

 

 最近は、けっこう「たるみ毛穴」で悩んでいる人の話を聞きます。帯状になった毛穴のことですね。

 

肌のコラーゲンが減って、肌がたるむことで、結果、毛穴までたるんでしまうということです。余計に毛穴が開いているように見えてしまいます。

 

肌にコラーゲンが満ちていて、ハリもあるのなら、頬もふっくらとして自然と毛穴がしぼんで見えます。お腹がでている人のおへそが見えないように、です(笑)。

 

それに対して、肌がたるんで毛穴のまわりを支えきれないと、たるみ毛穴になります。

 

顔のたるみは、たるみ毛穴のようなことにも関係してくるのですね。

 

では、商品をお見せしながら、説明していきましょう。

どのようなテクスチャーなのか、確認してみてくださいね。

 

 

 

 

 

たるみ・ほうれい線ケアのトライアルセットの使い方

 

f:id:rumimarusr:20180607012647j:image

 トライアルセットは、このように入っています。基本的には、向かって左から右に向かって使っていきます。

 

最初は、洗顔料、次に化粧水、美容液(QuSomeリフトとCセラム)、最後はクリームです。

 

洗顔⇒化粧水⇒美容液2つ⇒クリームの順番です。

 

美容液が2つなので、どっちが先だったかと迷うこともあるでしょうが、この箱の中の並びの順番だと覚えておいてください。

 

洗顔料クレイウォッシュ

つっぱらないのが特徴です。

皮脂を取りすぎないからでしょうね。

泡立ちはそれほどないのですが、クレイが余分な汚れを取ってくれているようです。

 

微粒子の天然のクレイが入っているのがいいですね。

 

 

QuSomeローション 

では、化粧水、QuSomeローションです。

f:id:rumimarusr:20180607014959j:image

洗顔が終わったら、化粧水、QuSomeローションを塗ります。

この化粧水が導入液のように、肌への浸透を良くしますよ。 

 

写真を撮っている間に、少し流れてしまっていますが、化粧水ですから、透明です。

このローションでなじませておくことで、これ以降の美容液の浸透をよくします。

せっかくの成分を肌の上に置いておくのでなく、浸透させることを目的に作られたといわれるだけあって、重要なローションですね。

 

 

QuSomeリフト

 

次がメインとなるステップ3 です。

QuSomeリフトの出番です。マッサージ美容液です。

 

美容雑誌にこのQuSomeリフトのことが書いてあって「下ぶくれも、ほうれい線もみんなおまかせ」となっていたのです。その時から、気になっておりました。

 

f:id:rumimarusr:20180527180308j:image

QuSomeフェイスリフトコンプレックスが 、角層の奥まで浸透して、お肌のハリを育みます。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの肌の弾力に関わる成分の減少に働きかける独自成分ですね。

 

マッサージしながら、リンパを流していくと顔もすっきりいたします。

 

みずみずしいテクスチャーですから、思ったよりも伸びがいいです。マッサージ美容液というだけあって、肌へのなじみがいいです。

 

伸びがよくないと、途中で止まってしまいますからね。このみずみずしさで、肌になじみ、引き締めやら、引き上げに効果を発揮するのでしょう。

 

スイーッと伸ばしていきます。

 

リンパマッサージをやったことがある人なら理解しやすいと思いますが、冊子にやり方は書いてあります。

 

f:id:rumimarusr:20180527181029j:image

 冊子には説明がありますから、そのとおりにしてマッサージします。

耳から鎖骨にかけて、リンパを流すイメージです。

 

マッサージ効果を高めてくれるというだけあって、肌をスイスイとすべるテクスチャーですね。スムーズです。軽い使用感ですよ。

 

マッサージ効果をアップして、フェイスラインを引き上げることで、ほほのハリもアップです。アップ、アップ、上に、上に。

 

耳から鎖骨に向け下に流しますが、マッサージの最後は、頬全体を上にアップです。

 

すべて肌のうえで、この美容液を使ってすべらせていくのです。リンパを流すことも大事なのですね。

 

いやはや、テクスチャーがみずみずしいからでしょうか。マッサージした後は、肌の感触はなめらかになったように感じます。

 

 

Cセラム

次が、ビーグレンで大人気のCセラムを塗ります。

 

 

f:id:rumimarusr:20180607015337j:image

 

お肌の基本は、ビタミンCですから。

肌の悩みのほとんどを解決してくれるのではないかな。だから、大人気商品なのでしょう。

それも高濃度ビタミンCですからね。

 

ビタミンCというと今まで、水っぽいものを使うことが多かった私ですが、このCセラムは、脂っぽい感じがします。

 

油分に含まれているビタミンといった感じですね。

つけると、不思議なことに暖かく感じますよ。

 

リッチクリーム

最後が、リッチクリームで締め、です。

 

 

f:id:rumimarusr:20180527180320j:image

肌を支える力をサポートするのがこのモイスチャーリッチクリームです。

内側から押し返すハリをサポートしてくれるクリームなのです。

 

こってり系ですね。濃密なテクスチャーです。これほど濃厚なクリームは見かけないですよ。濃厚なのに、ベタつかないという。

 

使用量の目安はけっこう量がありますが、これは少量でもいいくらいです。

 

このクリームを塗ることで、肌表面を守るのですね。高保湿クリームです。

 

クリームは額、両頬、鼻、あごの5点に置きます。

 

内側から外へ、がクリームの基本的な塗り方です。

目のまわりは、まわりをそうようにして円をえがいて塗っていきます。

 

 

たるみ・ほうれい線ケアトライアルセットのまとめ

 

f:id:rumimarusr:20180607014549j:image

 

以上が、たるみ・ほうれい線ケア用のトライアルセットです。

念の為、中身の成分の写真をお見せいたします。

 

基本となるのは、洗顔、化粧水、ビタミンCの美容液、クリームです。

この4つの基本ラインに、マッサージとしての美容液が加わるということです。

 

全体のラインに、マッサージ美容液として、QuSomeリフトでマッサージを丁寧に行うことで、たるみ対策になるのですね。

 

マッサージ効果をアップするだけあって、肌への抵抗もなく、すべりは良かったです。軽いので、重ねてつけてもいい感じ。

 

クレイウォッシュ(15g)、

QuSomeローション(20mL)、

QuSomeリフト(10g)、

Cセラム(5mL)、

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

 

トライアルセットは、1,800円(税抜き)です。

 

>>>たるみ・ほうれい線ケア