美肌を語るシミず先生

スキンケア化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。美肌への道は「保湿に始まり保湿に終わる」自分と体質が似ている姪の悩みのニキビについてもケアについて書きます。

・女性用育毛剤(ヘアケア)についても書いています。


⇒⇒抜け毛がひどい50代女性の育毛剤おすすめ4選を薄毛対策で比較

アイクリームテクスチャー比較3つを選んでみた

ポーラのB.Aシリーズのアイクリーム、SK-Ⅱのアイクリーム、三省製薬のアイクリーム

目の周りのたるみが気になり始めている

目の下のクマは青いクマだけでなく茶色いクマもできている

目尻のシワも、小ジワのうちに対処したい

目にハリがなくなってきている

アイラインが引きにくい

 

 

このような目の周りに関連する悩みを持つ人が増えています。まぶた、目尻、目袋などの目のまわりのお悩みです。乾燥しやすい場所ですし、ツヤも無ければ、ハリもないというダブル、トリプルパンチです。

 

特に、最近はスマホで目の周りが「お疲れ様」の人が多いです。

 

目元は他の人が真っ先にみるところですし、見た目の印象を左右する場所です。

 

目元は眼球を支える筋肉があるため、どうしても年齢を重ねると筋力低下からたるみが目立ちます。さらに、年齢とともに、コラーゲンを産み出す力が減っていきますので、シワが現れやすい部分といえます。

 

笑うと笑いジワができるように、どうしても表情が豊かな人こそ、シワになりやすくなってしまうものです。

 

そもそも小ジワというものは、目の周りから発生するものですよね。

 

なぜかというと、目の周りの皮膚は薄いからです。薄いと思われがちな額の皮膚の3分の1ほどです。さらに目元は皮脂も出にくく、乾燥しやすい場所です。

 

そのうえ、アイメイクなどでいろいろと塗ったりしていて、皮膚を痛めつけやすい部分でもあります。1日、2日の話ではなく、年単位で今までの刺激が貯まっている部分とも言えるでしょう。

 

そのために、シワ、たるみは、目元から気づくことが多いのです(そして、目の下と言えばクマです)。

 

そこで、今回は、アイクリームについて3つの商品を取り上げて、テクスチャーの違いを見てみることにしました。

 

ポーラのB.Aシリーズにあるアイクリーム

まずは、ポーラの製品からです。シワと言えば、ポーラでしょと言われるくらい昨年はポーラのリンクルショットが話題になりました。

 

シワは確かに、リンクルショットなのですが、ポーラは「B.A ザ アイクリーム」という目元専用のクリームを出しているのです。

 

また、ポーラの製品を使うと、心地よい香りなのですが、このアイクリームも例外ではありません。

 

1回で使う量は、小さめの真珠1個が片目くらいに、という量です。両目ですから2個分ですね。

 

 f:id:rumimarusr:20180111015217j:image

 

もう少し伸ばしてみたところです。微かに、黄みがかっています。

 

アイクリームは、小ジワの場合、指をチョキにして、目の横に置き、シワの間にクリームを入れ込むようにして塗るといいですよ。

 

ポーラのアイクリームなら、塗ったあとはしっとりしてシワをもたらす乾燥を防いでくれます。

 

 f:id:rumimarusr:20180111015227j:image

 

ポーラのアイクリームの特徴は、香りがとてもいいことです。

 

アイクリームのような少量しか使わないクリームでも、この心地よい香りに包まれて、リラックスできます。

 

塗りますと、乾燥を防いでくれていることは、すぐにわかります。ベタつかないのに、しっとりしています。

 

コクがあるのにみずみずしいのでしっとりするのです。クリームの伸びがいいから少量でも広がり、ベタつきません。

 

 

 

肌の水分不足も目もとのたるみに拍車をかけるので、ポーラのアイクリームのようにしっとりするテクスチャーのものを選ぶことをおすすめします。 

 

ポーラの目元専用アイクリーム

 

 

BAザアイクリーム

 

SK-Ⅱも人気 

f:id:rumimarusr:20180113022418j:image

 

ポーラのアイクリームに比べると、SK-Ⅱは、香りがほとんどありません。天然由来の香り、とのことですが、それほど感じないので、無香料がいいと言う人でも使えそうです。

 

香りはけっこう人によって好みがわかれるものですから、これくらいのほうがいいのでしょう。 

 

エイジングケアとしてのSK-Ⅱの人気は高いです。

 

クロレラエキスやハリを与えるパルミトイルペンタペプチドが配合されています。しっとりうるおいながら、目の周りの皮膚に溶け込む使い心地です。

 

 f:id:rumimarusr:20180113022429j:image

 

SK-IIのアイクリームはピンとしたハリやうるおいを長時間持続させる力がありますね。

 

アーチチョーク葉エキス、エゾウコギエキスが入っていました。

 

年とともに目のまわりの小ジワできやすくなるものです。若い人でも夕方になると、 まぶたにハリがなくなるだとか、小ジワが気になることもあります。

 

そうなると、疲れた顔の印象を与えますよね(そういう人、まわりにもいるはずです)。 肌の「水分保持能」を改善するアイクリームで、 ケアいたしましょう。

 

エスケーツー R.N.A.パワー アイ クリーム ラディカル ニュー エイジ 15g

 

 

 

新発売の三省製薬のアイクリームも

 

 f:id:rumimarusr:20180114025214j:image

 

SK-Ⅱとポーラだけで、アイクリームのテクスチャー比較を終えようと思っていましたが、最近、三省製薬でもアイクリームが出たとのことなので、それも取り上げておきます。

 

三省製薬とは、比較的40代、50代には知られていますが、若い人にはあまり知られていないようです。

 

≪DERMED≫ 本格エイジングケア」シリーズを出しています。

私も、デルメッドシリーズで知ったので、以前、ブログに書きました。

その時のブログ

 50代に多いシミ、たるみなど複数悩みのための基礎化粧品のトライアルセット

 

そのデルメッドシリーズにはリンクルクリームがありまして、その成分「セラムバイタル」がアイクリームには2倍量入っているとのことです。

 

それにしても、アイクリームはどのメーカーもクリーム色、黄みがかっている色ばかりでしたね。

 

三省製薬も同じでした。

 

 f:id:rumimarusr:20180114025229j:image

三省製薬のアイクリームは、香りが柑橘系でした。オレンジの香りです。

 

これまた、いい香りです。

肌のお手入れは、リラックスしながらするのが一番いいことですから、このような万人受けするいい香りのものは必須ですね。

 

三省製薬のアイクリームには、茶色いクマには延命草エキスが、赤いクマにはグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

 

このほか、クマには黒っぽいクマもありますよね。

 

三省製薬は比較的年齢を重ねた人が利用しているようですが、これくらいの年代になると黒っぽいクマも悩む人がいます。

 

黒いクマは若い人の場合、寝不足だと出るようですが、いつも目の下が黒くなっている、というような寝不足でなくても目の下が黒っぽい人は40代以上の年齢から増えてきます。

 

肌のコラーゲンやエラスチンは、どうしても40代くらいから急に減少してしまうので、それが影響してなるから、仕方がないといえば仕方がないのですが。

 

このようなクマができる、目のまわりのシワが増える、たるみができるなどは、どうしても目のまわりの皮膚が薄くて、コラーゲン不足、エラスチン不足がわかりやすい部位ということも関係あります。

 

目の下の皮膚が加齢などによってたるみ、その影が出ている、ということもあるでしょう。

 

ですから、どのメーカーでもアイクリームの成分には、コラーゲンの産生を促すような成分が入っています。

 

 

私は3種類を使ってみて、この製品はバツグンに効果が出る!というものも無ければ、悪いものもない印象でした。

 

強いて言えば、ポーラが使った後しっとりするかなと思ったくらいです。

 

ただ、香りに違いがありますから、グリーン系のスッとするさっぱりした香りは、ポーラで、天然由来の香りはほのかなものがSK-Ⅱで、柑橘系(オレンジの香り)が三省製薬です。

  

 

目というのは、他人から見て印象が強いものですから、目で損している人も多いです。

 

放置しておくと、皮膚が薄い分、乾燥もしやすいですし、シワやたるみも出やすいのが目のまわりです。アイクリームを使いますと、目もとにハリやうるおいを与え、肌のターンオーバーを正常化させます。 

 

続けることで目もとのハリを実感できてくるのがアイクリームです。最近注目されているアイクリームを使って、あなたの目もとでも試してみてください。

 

ポーラのサイト、 アイクリームのページへ