読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌を語るシミず先生

スキンケア化粧品を中心に感想を書く口コミブログ。美肌への道は「保湿に始まり保湿に終わる」自分と体質が似ている姪の悩みのニキビについてもケアについて書きます。

化粧品用語のいろいろ!SPFとかPAとか自然派とか

化粧品に関していろいろと見たり、書いていますと、人によって言葉の使い方が違っているなぁと感じることがあります。

 

f:id:rumimarusr:20170507200729j:image

 

効果や効能などもそうですが、なんとなくイメージ的に使われている言葉もあります。私も最初テキスチャーのことを表現するのに、「こっくりとした」という言葉を聞いて面白い言い方だなぁと思った記憶があります。

 

色合いや味に使っていたのが、化粧品でも使われて、深みのあるタイプということになっていますよね。こっくりさんのことではないのですよ(笑)。

 

そのようなイメージ的な表現ではないのですが、よく使われる言葉でも間違っている場合もあるそうですよ。

 

先日も、「自然派」ということが実は、天然成分だけで作られていなくても使える言葉だと知りました。もちろん天然成分配合でないといけませんが、天然成分しか使われていない、という意味ではないことを知りました。

化粧品で使われる用語について 

そこで、最新の化粧品業界での用語について書籍などで調べてみましたので、自分の復習がてらブログに書いてみたいと思います。

 

目次

 

 

SPF

SPFとは、しみやそばかすの原因になる紫外線UVーB(B波)をカットする効果の目安のことをいいます。紫外線B波は波長が短く、表皮細胞に炎症を起こします。肌表面に悪く、メラノサイトに影響を与えます。

 

その紫外線B波を抑制する目安になります。20分くらいで付けていない場合と比べ、日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばすことができるかという数値です。 例えば、SPF30の場合。 20分×30=600分ということです。 これはあくまでも、「目安」となります。

 

数字が大きければそれだけ時間が伸びますが、汗をかいたり、タオルなどでぬぐったりしますと、これまた時間は変わります。

 PA

PAとは、紫外線UV-A(A波)をカットする効果の目安です。A波は1年中降りそそいでいるそうです。 A波は波長が長いので、肌内部の真皮層にまで到達します。肌の内部まで到達しますから、肌のコラーゲンにも影響を与えます。 そのため肌の乾燥、シワ、たるみなど老化の原因になるのがこちらですね。

 

PAは4段階に分かれていて、PA+、PA++、PA+++、PA++++の4つになります。PA++++ など+が増えるごとに紫外線からの防止効果は強くなりますが、それだけ肌の負担も大きくなるので一概に+が多いのがいいとも言いきれないのです。

 

なお、ついでに近赤外線もA波と同じく真皮まで届いていることが最近わかってきたそうです。近赤外線は、数日たってから影響がでてくるということです。

 

自然派

自然派というのは、天然成分を配合している場合をいいます。ひとつでも天然成分を配合していれば自然派と呼ぶことが可能なのだそうですよ。 オーガニック化粧品と同じように思っている人が多いですが、化粧品に書かれている「自然派」はけっこう意味が広く、天然成分だけのものから、ひとつでも入っているから自然派ということもあるのです。

 

天然由来

天然由来とは、植物や動物から抽出した成分を配合していることをいいます。植物などから抽出した成分ですから、必ずしも肌への刺激がないとも言いきれません。

 

抽出の方法や精製方法も違うので、肌への影響も違ってきます。これはメーカーによって違う部分なので、絶対安心と鵜呑みにせず、メーカーのサイトでしっかり確認をしておきましょう。言葉の持つイメージよりも、安心できるかどうか中身をよく読むことが大事です。

 

無添加

これもイメージ的には化学成分が入っていないような感じを受けますよね。

 

調べてみましたら、以前は厚生労働省が肌にアレルギーなどを起こすおそれのある102種類の成分を定めていたそうです。その成分が入っている場合は必ず表示をしなさいという規定です。その後、化粧品の成分は全部表示する決まりになったので、以前のようなトラブルをおこす可能性のあるものだけでなく、すべて書くことになったのです。

 

このなごりで、102種類の成分が入っていなければ、無添加、ということになるそうですよ。私もてっきり、化学成分が入っていないこと、と思い込んでいました。

 

世間での一般的なイメージとは違う用語もありますよね。

 

化粧品に関して詳しい人ならともかく、女性はイメージに引っ張られることがあります。たまにはこういうことも調べてみるといいでしょうね。私は今回、書籍を調べてみてけっこうイメージだけで捉えていたなと思いましたよ。