美肌を語るシミず先生

スキンケア化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。美肌への道は「保湿に始まり保湿に終わる」自分と体質が似ている姪の悩みのニキビについてもケアについて書きます。

50代向け基礎化粧品をお母さんにプレゼントはいかが?

母の日のプレゼント、誕生日プレゼント、クリスマスプレゼントでも

お母さんのためにプレゼントを何にしたらいいかなぁと、探している親孝行なあなたに伝えましょう。

 

お母さんでなくても、おばさんでも、取引先の人でもいいのですけど。

 

どうせプレゼントを買うのなら、喜んでもらえるものにしたいけど、でも、何を買ったらいいのか見当もつかないし、一体、何にすればいいのか?

f:id:rumimarusr:20170424172535j:image

 

優しい人であれば、なおさら、お悩みですよね。

 

【ブログ目次】

 母の日のプレゼントでも、誕生日プレゼントでも、クリスマスプレゼントでも、はたまた、社会人になって初任給が入ったらプレゼントしてあげる場合のことでもいいです。

 

プレゼントするきっかけは何でもいいのです。

 

プレゼントされる側になりにくい人にとっては、プレゼントされるということだけでも嬉しいものです。

お母さんには、基礎化粧品をプレゼント 

ちまたでは、50代女性のプレゼントは、アクセサリーが定番だと書いてありました。

 

しかし、それは違います。

 

なぜなら、私が50代だからわかるのです。このアンケートの結果、怪しいな(笑)と。もちろん、もらえば嬉しいです。

 

誕生日や母の日、クリスマスのプレゼントを子どもからもらうのに、アクセサリーとは答えないでしょう。

 

お父さんからもらう、というのなら、話は別です。とにかく、子どもとか、若い人からもらうのに、アクセサリーではないです。

 

バッグや財布をプレゼントしましょう!というのも定番ですが、これも好みがわかれそうです。財布なんかもこだわりがあるものです。長サイフがいいとか、二つ折り財布がいいだとか、小銭入れはチャックがいいとか、ホックがいいとかけっこう細かいです。

 

f:id:rumimarusr:20170124214011j:plain

 

では、何がいいのでしょうか。

 

化粧品です。中でもスキンケア製品がいいのです。口紅やほほ紅、アイシャドウといったポイントメイクは、色の好みもあります

 

ということで、特に基礎化粧品、スキンケア製品をおすすめします。

 

ぜひとも、お母さんに毎日使ってくれるスキンケア製品をプレゼントしてあげてくださいね。

 

お母さんは、いつも自分のことは後回しになっていますよね。

 

だからこそ、スキンケア化粧品なのです。

 

こういう機会こそ、自分(=お母さん)のために使ってもらいたいからスキンケアです。それも肌に贅沢な成分が入っているような基礎化粧品だと、もっといいです。

 

どうして化粧品、それもスキンケア化粧品?

 

疑問に思いますよね。

 

それにも答えましょう。基礎化粧品を使っている時は、「自分と向き合っている時」だから、です。

 

たとえ、化粧水やら、美容液やら、クリームやら使っている時間が5分だけでも、自分のための時間だからです。

 

家族のためとか、仕事のためとかではなく、毎日、自分に向き合う時間をプレゼントするためにも、スキンケア化粧品をプレゼントしてあげてください。

 

B.Aセラムレブアップ

お母さん向けプレゼントにスキンケア製品を選ぶ理由は?

では、基礎化粧品の中でもなるべく高級なスキンケア製品を選ぶのはどうしてだろうと思うかもしれませんね。

 

スキンケア製品なんて、どれも同じだと思いますよね。

 

おそらくお母さんの年代、50代くらいですと、肌の悩みは、シミ、シワ、くすみといったところでしょう。

 

シミ、シワ、くすみを徹底的に治すには、病院に行かないといけませんが、クリニック代をプレゼントするよりは、スキンケア化粧品です。

 

自分からはあえて買うことはしなくても、もらったら当然、嬉しいですよね。

 

それに、お母さんの年代になりますと、20代、30代の女性が使っている化粧品ではしわ対策でも、シミ対策でもパワーが足りません。40代以降からは、ある程度のお値段がするものでないと効果を感じなくなるのです。

 

プレゼントを考えているあなたには、ピンと来ない話かもしれません。ニベアクリームでも充分、と思っているかもしれません。若い人なら、それでもOKです。しかし、ある程度の年齢になるとそうも言っていられません。

 

こればかりは、その年代になってみないとわからないものです。

50代向けの基礎化粧品は若い人とは違う

それと気をつけていただきたいのが、プレゼントするあなたが若い人であればあるほど、お母さんの年代の50代女性の肌とは違うことを覚えておいてください。

 

これは、女性ホルモンのこともあります(特にエストロゲンですね)。更年期の人の肌と、若い女性、女性ホルモンが有り余っている年代とでは肌から出る油分も違います。

 

さらに、40代くらいから徐々に敏感肌になっている人も多いですからね。いい製品を知ったとしても、自分の肌には使えない、ということにもなりかねません。

 

>>>>POLA公式サイトでB.Aセラムレブアップを見る

 

B.Aセラムレブアップ

 

50代のコスメブランドで知られているのは

また、せっかくプレゼントでスキンケア化粧品などコスメを買ってあげても、お母さんが知らない化粧品会社だとイヤですよね。

 

若い頃、お勤めして自分で働いたお金で自由に使えるようになりますと、それこそ、シャネルだとか、ランコムだとか、ヘレナ・ルビンスタインだとか、欧米の化粧品も買うようになっていたでしょうが、最初は日本の製品です。

 

それで、また、一巡りして、日本の製品に戻ってきている50代女性は多いのです。では、どういうブランドかといいますと、資生堂、コーセー、ポーラ化粧品などです。

 

例外はあるかもしれませんが、40代後半くらいからはスキンケア製品を選ぶ時、国産の化粧品、日本のメーカーを中心に選ぶようになってくるのだ、ということです。

 

>>>>POLA公式サイトでB.Aセラムレブアップを見る

 

本気で思うなら、50代の基礎化粧品はポーラで選んで

それで日本の化粧品、自前の研究所まで持っている、ポーラ化粧品を選んでみてください。

 

ポーラは確かに少々お高めのお値段ですが、ぜひ、良い品物を選んでプレゼントしてあげてください。

 

プレゼントくらいは妥協しないで良いものを。

 

定評のあるポーラ化粧品のもので、たまには、肌に贅沢させてあげてください。

 

たとえば、この『B.Aセラムレブアップ』はどうでしょう?ポーラのB.Aシリーズですから、エイジングケア用として評判がいいのですよ。

 

 f:id:rumimarusr:20170301185631j:image

 

つけ心地もとてもいいですし、POLAの製品の中で私は一番好きな香りなので、肌にぬっていて心地よいのです。

 

 なんと言っても、この『POLA B.Aセラムレブアップ』は、雑誌のベストコスメで受賞しています。

 

1年を通じての年間ランキング入っていたのです。 私が確認したものだけでも、VOCE2月号、MAQUA2月号、美的で年間を通じたランキングで入賞していました。

 

みんながいいと言っている基礎化粧品をぜひ、プレゼント用に。

 

>>>>POLA公式サイトでB.Aセラムレブアップを見る

 

 

実際に私が使った時のレビュー記事は、下をクリックしてお読みください

kesho.hatenablog.com

 

関連記事

 エイジングケア

エコライフの「消えるシート」マジックフェイシャルで目の下の悩みに