美肌を語るシミず先生

スキンケア化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。美肌への道は「保湿に始まり保湿に終わる」自分と体質が似ている姪の悩みのニキビについてもケアについて書きます。

シミを簡単に隠すカバー力のあるファンデーションなら

口コミでも人気でシミや毛穴を見せないカバー力があるファンデなら

 f:id:rumimarusr:20170627124419p:image

 

  • シミを隠すカバー力のあるファンデーションが欲しい
  • 毛穴を目立たせないファンデーションが欲しい
  • クリームファンデーションで時間をかけて厚塗りするのはイヤだ

 

いいファンデーションがありますよ~ぜひ見てください。

それも簡単にできるのです。シューっとですよ。

先日、見せていただきましたので、ご報告いたします。

 

マシンだからプロでなくてもムラなく均一に塗ることができるファンデーションです。講談社の雑誌「VOCE」の読者ウェブ投票でも上位にあがっていました(みなさん、すでに使っていたのね)。プロ並みの塗り方になると好評です。

 

口コミを見ても20代ですと、にきび跡が見えなくなったと書いてありましたが、アラフィフの場合は、「シミ」ですよね。

 

若い頃のように、無茶な日焼けをしているわけではないのに、なぜか増えるシミです。

肌の透明感ということで、白くなると言われるものを塗ってみると余計にシミが目立つのです。かと言って、病院に行ってまで治したいということではなく、できれば化粧品でなんとか見えなくしたいではありませんか。

 

ある程度の年齢でシミがまったくない!というのは若作りと思われて、かえって変なものですし、かと言ってシミが多いと老けて見られるし、というこの矛盾した気持ち。そんな気持ちになりませんか?

 

それならば、人間だからシミはある、という前提でとりあえず、シミを見せなくすればいいのです。

 

 >>>>【ミネラルエアー】公式通販サイト限定スターターキット

シミを消すことはできなくても、見せない、隠すことはできるはず

 

シミは化粧品では消えないと言われていますよね。病院に行って、レーザーを当てるしかないと言われています。でもちょっと怖いです。

 

では、美白化粧品を使うのはどうしてでしょうか?病院に行かないと消えない、と言われているのに。

 

今以上に、シミを増やさないからですね。化粧品でできることは、現状維持です。ごく初期のうすい段階なら有効ですが、シミとわかるような濃いシミになってしまったら消すことはレーザー治療になります。化粧品を使うのは、初期の段階です。メラニンがたくさん発生している状態のうちなら効力発揮です。

 

だから、この美容液をぬったら、シミが消えるとか、このクリームを塗ったら、シミを消せるということではないのですね。

 

もっともシミにも種類がありますので、今書いたのは一番多いタイプのシミについてです。

 

とにかく、目立つシミや色が濃くなったシミほど化粧品で消すことはできない、という現実です。

 

ならば、ですよ。隠せばいいじゃないか、です。

 

美白といいますと、白い肌を目指せ!とばかり、とにかく白く見えるファンデーションを選びたくなりますが、白地に黒がかえって目立つように、ファンデーションの色は明るすぎないほうがいいのです。

 

自然なファンデーションの色を選ぶのがコツですよ。

 

そのような今あるシミの色を浮き立たせない色のファンデーションを使い、キレイに、均一に塗ること。

 

これが美肌に見えるコツです。

 

プシューと、このようにスプレーで出てきます。マシンだから精密なのです。

色味がわかったら、あとは細かい粒子のファンデーションを均一に

そこで、オンリーミネラルのシリーズに、マシンを使って均一に、精密にファンデーションを塗ることができる「ミネラルエアー」があります。

 

自分で塗る場合、プロでも厚塗り感がなくて、均一な状態はなかなか難易度高いです。

 

素手ではなく、マシンを使うから均一にムラなく塗れるのですね。人の手では、なし得ない美しい塗り方になります。エアー化した粒子はかなりの微粒子(約30μmの微粒子)です。均一になる美肌は実際に公式サイトでみてもらったほうがわかりやすい。

 

 ただし、マシンを通して噴霧しますので、ミネラルエアー専用のミネラルファンデーションを使うことになります。そうでないと、器具の詰まりを招いて故障の原因になりますからね。

 

ご承知のとおり、ミネラルファンデーションで売上ナンバーワンのオンリーミネラルのシリーズですから、今までのオンリーミネラルの蓄積があります。

 

マシンを使っていても中に入れるファンデーションは、もちろん、肌のことを考えて作られています。ファンデーションを落とす時も、石けんでオフできます。ダブル洗顔不要です。

 

さらに、この専用ミネラルファンデーションは  美容液、日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーションの1本5役を担います。

 

そうそう、シミを増やさないためにUVカットの日焼け止めを塗りますが、あれだけでは足りないと知っていましたか?私は知りませんでした。だから、あなたにも教えますね(^^)

 

シミを増やさないためには紫外線を防止しないといけませんが、日焼け止めの数値はかなりの量(顔全体では500円玉位の量)を塗ったうえでの計測なのだそうです。ほとんどの人は日焼け止めを塗る量が足りていない。

 

UVカットには、日焼け止めだけでなく、パウダー入りのもの(パウダーファンデーションでも、お粉でも、パウダー入りCCクリームなどでも可)を一緒に塗るのがいいのだそうです。粉で紫外線散乱剤と同様の効果が得られるそうです。

 

だから、この「ミネラルエアー」なら、元から美容液ファンデーションなので、日焼け止めにパウダーがプラスされているのです。ということは願ったり叶ったりですね。

 

1本5役をになってくれるファンデーションをマシンに入れてスプレーして使います。

 

そして美容液ファンデーションだから、美容液成分でうるおい肌を10時間も保ってくれるのです。単なるパウダーファンデーションとは違いますね。しっとりツヤ感もあります。

 

あなたがプロ並みに均一にファンデーションを塗ることができるならともかく、人の手ではなかなかできるものではございません。それが手に入るのが、ミネラルエアーです。

 

粒子が細かく、そのうえ、マシンで噴霧しますから美肌を手に入れたような気分になります。公式サイトを見てもらうとわかるように、これぞ、感動ものです!

 

>>>>【ミネラルエアー】微粒子エアーがもたらす感動のカバー力

 

 たるみ毛穴もカバー、シミもカバーは実際の映像や写真でよくわかります

 f:id:rumimarusr:20170627124503p:image

 ファンデーションのカラーは3色ありますから、先ほど書いたように自分に合う色を選びましょう。

 

ただ、超微粒子をエアー化しているので、スプレーした直後はしっとりしすぎてティッシュが必要です。メーカーサイトでは、たった10秒で仕上がる!と書いてありますが、スプレーは確かに10秒でしょうが、肌に落ち着くまでの時間がかかります。

 

乾燥によって起こると言われている「たるみ毛穴」は、このうるおいがあるからこそ、目立たなくなるのです。うるおいを与えて肌をふっくらさせることで、 毛穴の開きをさらに目立たなくするからです。

 

それと、シミが見える部分などは再度、短くスプレーが必要になります。

 

それと、目元など細かいところは、スプレーだけでは足りなくて、指で伸ばすなど微調整は必要ですね。たった10秒で終わり、というわけにはいかないようです。

 

それとあまりにも細かい粒子だからか、使用しない日が数日続くとスプレー口が固まってしまうことがあるようです。だから、毎日継続して使ったほうがいいみたいですねぇ。

 

公式サイトでの写真や映像でもわかるように、このような均一的な美しい塗り方は、人の手ではできないことでしょう。

 

このミネラルファンデーションには、公式通販限定の「スターターセット」があります。単品でひとつひとつ買うよりもお得になっています。

 

そのスターターキットですが定期コースは更にお得になっていますが、ただし注意点があります。

定期コースは初回から4回まで継続となります。ご了承のうえお申込みください。5回目以降はお客さまのご都合でいつでも変更できます

 と書いてあったので、安く手に入るのはいいのですが、4回まで続けるのが前提になります。

 

定期コースではないほうの「スターターセット」もありましたから、続けるかどうかわからない人は、少し高くなりますが、そちらをクリックして選んでおいたほうがいいでしょうね。

 

トータルでは、定期コースがぐっとお得ですけどね。どうせ毎日、使うものですし。

定期コースしか選べない会社も多いですが、それ以外でも買うことも選べるのがいいですね。どちらにせよ、公式通販のみの「スターターセット」を選びましょう!!

 

とにかく公式サイトでシミが見えなくなる映像を見れば、スゴい!と思うはず。デコポンの実験も毛穴をリアルに感じます。とにかくキレイな肌状態です。

 

シミや毛穴を隠して、カバー力があって、キレイにぬれるファンデーションを求めていた人には、一見の価値あり!ですよ。

  

公式サイトはこちら

>>>>【ミネラルエアー】微粒子エアーがもたらす感動のカバー力