美肌を語るシミず先生のブログ

ファンデーション、オールインワンなど基礎化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。

・女性用育毛剤(ヘアケア)についても書いています。


⇒⇒女性の薄毛対策!抜け毛がひどい50代女性の育毛剤おすすめ5選実際使って比較

バランシングゲルを使ってみた!メディプラスゲルと比較して検証(使用感など)

ナチュラルエレメンツのバランシングゲル(オールインワンゲル)3種のヒト型セラミド配合

f:id:rumimarusr:20180831143630j:image

保湿ゲルクリームと書いてある、ナチュラルエレメンツのオールインワンゲルを使ってみました。

 

スクワランがたっぷり含まれているゲルです。

 

 

ナチュラルエレメンツだけあって、ナチュラルで植物由来成分多めです。

 

ビワ葉エキス 、ウンシュウミカン果皮エキス、シャクヤク根エキス 、セイヨウオオバコ種子エキス、ダイズ種子エキス、ユズセラミド、アロエベラ葉エキス、レモン果実エキスなどの自然由来成分多めのオールインワンゲルです。

 

オールインワンゲルの紹介として取り上げたメディプラスゲルもセラミド配合がウリでしたので、オールインワンゲルをブログで取り上げるならと、バランシングゲルとメディプラスゲルの2つのオールインワンゲルを比較してみましたよ。

 

両方とも、ボトル型のポンプタイプのオールインワンゲルで、1本で約2ヶ月使えます。オールインワンの役目も、1本で化粧水、乳液、美容液、クリームです。

 

 

>>>オールインワンゲルなら【バランシングゲル】

 

 

 バランシングゲルの成分はセラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱにユズセラミドも


f:id:rumimarusr:20180831143628j:image

 肌のバリア機能を高めるには、年齢を重ねるごとに減っていくセラミドを肌に与えて、うるおいをあたえることが大事です。

 

バランシングゲルのコンセプトは、乾燥肌は水分と油分のバランシンスが崩れて、バリア機能が衰えていることからなるという考えです。

 

バリア機能を強化するセラミドを肌に与えることで、水分と油分のバランスを整えることを大事にします。

 

バランシングゲルに配合されているセラミドは、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱです。

 

それに対して、メディプラスゲルはセラミドが5種類入っています。できるだけ多種類のセラミドを補給したほうが効果アップするそうなので、メディプラスゲルのほうがセラミドの種類が多いです。

 

バランシングゲルも、メディプラスゲルも、ヒト型セラミドです。

 

ヒト型セラミドは、数字で書くか英文字で書きます。

 

セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド4、セラミド5、セラミド6Ⅱはヒト型セラミドです。

 

メディプラスゲルには英文字書かれていました。

 

セラミドEOP、セラミドNS、セラミドNP、セラミドAS、セラミドAP、セラミドEOS、セラミドNG、セラミドAGも、ヒト型セラミドです。

 

私も重視するのは、ヒト型セラミドですね。

人間の皮膚のバリア機能となって、外部からの刺激や乾燥から肌を守ります。

 

乾燥肌、敏感肌は特にセラミド不足ですから、外部からの補給がポイントになります。そうすれば、バリア機能を補うことができるからです。

 

成分表示は、前に書いてあればあるほど、その分量の割合が多いのですが、バランシングゲルは、スクワラン、水溶性プロテオグリカンが比較的前のほうに書かれてました。

 

プロテオグリカンは、最近注目している人も多く、若々しい肌のカギになるコラーゲンや ヒアルロン酸を生成することをサポートする働きがあります。

 

保湿力はヒアルロン酸以上ともいわれています。 水分不足が肌の老化を目立たせますから、肌のハリや透明感のためには配合されているかが重要です。

 

とはいえ、スクワランもプロテオグリカンもメディプラスゲルにも配合されていました。量はどれくらいなのかはわかりませんが。→ メディプラスゲルの配合について書いたブログ記事

 

 


f:id:rumimarusr:20180831143632j:image

他にもバランシングゲルが重視していることがあります。

肌の糖化です。

 

最近、肌の糖化についても聞くようになりました。肌のタンパク質と糖が結びつくことです。そうなりますと、コラーゲンやエラスチンが固くなるのです。

 

そこでバランシングゲルの場合、先ほども書いた植物エキスを配合することでコラーゲンをサポートする役目にしているのです。

 

ビワ葉エキス ・ウンシュウミカン果皮エキス、シャクヤク根エキス ・セイヨウオオバコ種子エキス、ダイズ種子エキス、それに水溶性コラーゲン(3重らせんコラーゲン)です。

 

私がおもしろいなと思ったのは、ユズセラミドです。柚子から抽出される天然のセラミドです。「皮膚のバリア機能を高めるので、保湿以外にも、肌トラブルをサポートします」とのことですよ。

 

ゆずからも天然のセラミドが取れるのですね。私が以前、聞いたことがあるのは、お米です。コメヌカスフィンゴ糖脂質のようなものです。ゆずからも取れるのは、初めて知りました。

 

ユズに関しては、バランシングゲルはユズ果実エキスですが、メディプラスゲルがユズ種子エキスと書かれてました。

 

その他にも、保湿効果で民間薬としても使われていたアロエベラ葉エキスや、肌の収れん作用があるといわれるレモン果実エキスなども配合されています。

 

バランシングゲルも安心の無添加


f:id:rumimarusr:20180831143635j:image

 プッシュ式の止める部分を外したところです。

 

バランシングゲルもメディプラスゲルと同じく、オールインワンゲルと言っても、化粧水、乳液、美容液、クリームの4つの役割であって、あれもこれもと何役もあるタイプのオールインワンジェルではありません。

 

肌にやさしいという点では、バランシングゲルも、メディプラスゲルも同じですね。

 

バランシングゲルでは、石油系界面活性剤、合成着色料、合成香料、シリコン、鉱物油、アルコールが無添加です。

6つの無添加ですね。

 

アルコールに関しては、(c12-16)アルコールと書かれているよ、という人がいますが、

 

その点に関しては、スピカズ代表のブログに詳しく載っています。

» 化粧品でいうアルコールは成分表記はエタノール - スピカズ代表 奈良留美子のblog☆やっぱり知りたい OH!my NEWS!Part2

 

ただ、この成分は化粧品でいうアルコールではなく、 脂肪族アルコールの一種になります。 乳化剤や保湿剤、増粘安定剤として配合される成分になります。

化粧品でいうアルコールは 成分表記では“エタノール”と表記されます。

で、ここで、 じゃあ、フェノキシエタノールは エタノールとついているからアルコールなのか?

といった疑問にぶつかるのですが、 フェノキシエタノールはエタノールとついていますが、 エタノールとは構造も性質も異なる成分で、 防腐剤として配合されています。

 

私もこれについては調べたことがありまして、脂肪族アルコールというくくりで、健康被害も少ないとのことでした。

 

エタノールはさっぱりとなる保湿系成分なのですが、人によっては刺激に感じたり、肌の水分を蒸発させやすいと言われてます。

 

>>>オールインワンゲルなら【バランシングゲル】

 

バランシングゲルの使い方と使用感

f:id:rumimarusr:20180831144020j:image

 

オールインワンですから、洗顔後これ1本ですみます。

 

洗顔後、2プッシュから3プッシュ、乾燥肌の人は、様子を見ながらもう1プッシュくらい足します。肌の状態によって変えてください。

 

手のひらで混ぜてから、顔全体に塗ります。特に乾燥しやすい口元などは念入りに。

最後は顔を手のひらで包み込むようにかるく抑えて終わりです。乾燥しやすい部分は重ねつけがいいですよ。

 

ついでに、首やデコルテにも塗ってしまいましょう。

 

で、バランシングゲルとメディプラスゲルの比較ですが。バランシングゲルのほうがこってりしています。メディプラスゲルはさっぱりしてベタつきがない印象ですね。

 

私自身は、経験がなかったというのか、気にしてなかったというのか、オールインワンゲルを使うと、「メイクの時にポロポロが出る」といいますよね。

 

このことはサイトにも書かれていました。

バランシングゲルはゲル自体をラメラ構造にしているため、ゲルを塗ってポロポロとしたカスのようなものがでることはありません。ただし、その後の下地やファンデーションの鉱物との相性が悪い場合、カスがでてしまうこともあります。

 

 化粧下地やファンデーションの鉱物との相性もあるようですね。

 

やはり、バランシングゲルの特徴は、オールインワンなのに、このこってりさにあるような気がします。


f:id:rumimarusr:20180831144022j:image

 みずみずしいのに、濃厚という、なんとも表現がしにくいのですが。。。

 

濃厚なゲルで肌にベールができるというのか。

 

バランシングゲルのほうが濃厚なテクスチャーでしたので、メディプラスゲルでは何か物足りないと思っていた人や、水っぽくないほうがいい、もっと濃い目のテクスチャーが好き、という人には、バランシングゲルをおすすめします。

 

保湿重視ならバランシングゲルのほうが実感が早いと思います。

 

バランシングゲルの価格

続けることで実感できるから定期コースがお得になっています。

 

細かいことですが、バランシングゲルはⅠ本でも、毎回送料無料になっています。

毎回ですから、2回目から送料がつくメディプラスゲルと違う点です(ただし、オールインワンゲル自体の金額がメディプラスゲルが安い)。

 

バランシングゲルの解約については、「定期便を初めて申し込み」した人に限ります。先に、サンプルを試してからとなります。それを試して肌に合わないときは、商品の発送日から10日以内、かつ、本商品が未開封の場合に商品代金を返金する、となっています。

 

10日以内で、未開封という点が返金には厳しいですね。いずれにせよ、返金制度は、厳しくなることが多いので、返金前にはもう一度チェックしましょう。

 

 

価格に関しては、3,725円で初回は、始められます。初回が、ちょっと高く感じますが、2回目、3回目と金額オフになっていく「下り坂」のような値段設定です(それでも初回はもっと値引きの特別価格です)。

 

初回特別価格はひとりにつき1個までとなります。

 

定期便なら、2回目15%OFF、3回目20%OFF、4回目以降25%OFFです。

通常価格が5,400円ですから、そこからのオフ、となります。

 

1本でも毎回送料無料!

 

 

>>>ナチュラルエレメンツ バランシングゲル

 

 

 

関連記事

 

オールインワンおすすめ4選!【実際使って】比較してみた!選び方のコツも

 

 

このブログは多くの方へ化粧品、コスメの使用感など情報提供をしているブログです。記事の中にはPRリンクを貼ってあるものもあります。

>>美肌を語るシミず先生のブログ  >>アイクリームとマイクロニードルパッチまとめ >>50代の基礎化粧品おすすめ