美肌を語るシミず先生

スキンケア化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。美肌への道は「保湿に始まり保湿に終わる」自分と体質が似ている姪の悩みのニキビについてもケアについて書きます。

日焼け止めにもなる薬用ホワイトニングセラム(DHC)が新発売で使ってみた

美白美容液でもあり、日焼け止めでもあり、化粧下地にもなる

話題のDHCの新製品、薬用ホワイトニングセラムUVを使ってみましたので、口コミを書きましょう。

 

f:id:rumimarusr:20170404155140j:image

 

あなたは今年の日焼け止めは、もう買いましたか?

【ブログ記事目次】

 

すでに日差しは、春となっていますよ。これから、ますます、紫外線が降りそそぐ季節になります。紫外線対策しないといけませんね。ああっと気づいたら、顔全体にシミができていたーなんてなりませんように。

 

しかし、日焼け止めを塗って、化粧下地を塗って、それからファンデーションぬってとなりますと、日焼け止めの部分を忘れがちですよね。もちろん、夏本番の季節なら、忘れることはないでしょう。しかし、まだ寒い日が続くと、ついつい油断しがちなのです。日焼け止めとなるものを忘れがちになりませんか?

 

それならば、日焼け止めにもなり、化粧下地にもなり、美容液成分も入っているというもののほうが、忘れませんよ。

 

薬用ホワイトニングセラムは、このようにUVプロテクションと書いてありますので、日焼け止めとしても使えます。紫外線をブロック!です。

 

それも、SPF50+、PA++++ですから、国内最高といえるレベルですね。これだけの数字ならば、長時間お外にいても大丈夫ですよね。

f:id:rumimarusr:20170301140744j:image

 敏感肌の人でも使えるノンケミカル処方の日焼け止めがおすすめポイント

 

この薬用ホワイトニングセラムは、敏感肌の人でも使えるようになっています。とかく、美白を優先させると、効果はあっても、肌にダメージがあったりしますよね。肌にやさしく、なおかつ、国内最高レベルの日焼け止め効果があるものって、そうそう見つかりません。

 

なんと言っても、この薬用ホワイトニングセラムは、ノンケミカル処方です。紫外線吸収剤を使用しておりません。紫外線吸収剤フリーということです。肌荒れを起こしやすい人にはいいですよね。

 

誰にでもアレルギー反応がないとは言い切れませんが、これならば、ほとんどの人が大丈夫なはずです。酸化チタンや酸化亜鉛は、天然由来の紫外線散乱剤ですから、刺激が少ないのです。

 保湿成分が入った美白美容液という点がお得なところ

それに、シアバターやヒアルロン酸が入っていますので、保湿成分があるので、乾燥肌の人でも使えますよ。肌に負担をかけません。

 

美白成分は、トラネキサム酸、これは美白について知っている人なら有名ですよね。肝斑という言葉を聞いたことがある人なら、ああ~とわかってくれるはず。人工合成されたアミノ酸です。これがあれば、メラノサイトの活性化を抑えてくれます。

 

それに、ホワイトストロベリーエキスという白い苺のエキスが張っているのが、DHC独自ではないかと思うのですよ。ホワイトストロベリーエキスは、肌の色のトーンを明るくするなど、ブライトニング効果があるそうです。肌が明るくなるとそれだけで、澄んだ肌にみえますからね。それと、ホワイトストロベリーには、抗酸化作用もあるとのこと。

 

ヨモギエキスといい、植物、それも食用にされるような植物のエキスなら安心な気がしませんか。よもぎって、昔から漢方のような生薬として使われていますからね。肌荒れに効くと昔の人は知っていたのです。ヨモギエキスは、皮膚コンディショニング成分として入っています。

 

f:id:rumimarusr:20170301140835j:image

 

チューブから出してみた状態は、このようになっております。

 

ベタつきもないですし、とにかく日焼け止めは重くなりがちなうえに、肌が呼吸できていないような感覚になりがちなのですが、このホワイトニングセラムは軽い感じなのです。使ってみると、わかりますが、とにかく、自然な感じです。

 

f:id:rumimarusr:20170301141501j:image

 ダブル薬用成分と、箱に書いてありますが、トラネキサム酸と、もうひとつがグリチルレチン酸ステアリルです。これを調べてみたら、抗炎症作用があるそうで、だから、肌荒れ防止となっているのかな。甘草から抽出されるものだそうです。

 

まぁとにかく、箱にも説明書きがあるように、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぐという美白効果と、それにプラスして、肌荒れ防止効果に効く薬用成分が入っているのですね。

 

日焼け止めとしてはSPF50+で、PA++++の数字を見て 

さらに、「日焼け止め美容液」ですからね。ひとつで、何役にもなるのです。

 f:id:rumimarusr:20170301141520j:image

 

使い方としては、このとおり、簡単です。スキンケアの最後に使えばいいのです。パール大程度の量を出して、顔全体にぬります。

f:id:rumimarusr:20170301141507j:image 

腕や首に塗る日焼け止めなら保湿成分やら美白成分などなくてもかまわないでしょうが、顔に塗る日焼け止めとしては、ノンケミカル処方で、保湿成分があって、さらに美白成分も入っている「日焼け止め美容液」がいいですよ。

 

日焼け止めとして顔に塗ってみた

自分の肌に塗ってみたところです。どうでしょうか。とにかく軽い。日焼け止めのあの重たさや、肌が呼吸できないような感覚がまったくありません。

 

 そして、写真ではよくわからないかもしれませんが、ツヤが出ますね。

f:id:rumimarusr:20170306124933j:image

 伸びがよくて、日常使いできますよ。日焼け止め兼、美白美容液ということになりますから、一挙両得といった感じです。

 

もちろん、上の写真の箱に書いてあるとおり、化粧下地として使ってもOKです。

 

f:id:rumimarusr:20170301140737j:image

 

この1本で、何役にもなる、薬用ホワイトニングセラムは便利でいいですよ。

 

関連記事 

>>>>ホワイトショットインナーロックの口コミを書いてみた 

 

>>>> 美白対策の基礎化粧品ならコーセーなので使ってみた 

 

>>>>目の下の悩みは特許取得の話題のエコライフ「見えないシート」