美肌を語るシミず先生のブログ

ファンデーション、オールインワンなど基礎化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。

ブログ記事一覧まとめ

ブログ記事一覧

おすすめ記事

50代の基礎化粧品トライアルおすすめ3+4選

サラフェプラスを50代の私が更年期の顔汗対策に使ってみた!つける順番が重要

顔汗を止めたい!汗を忘れる顔汗ジェルを対策にサラフェプラス

f:id:rumimarusr:20190225161858j:image

今回は、新パッケージになった顔汗対策のクリーム(制汗ジェル)であるサラフェプラスをご紹介します。

 

「顔や額、首にじっとり汗をかく」、「髪の生え際から流れるようにして汗がたれる」

暑くなってくるとそういう悩み、ありませんか。

 

汗による化粧崩れは、悩みのひとつですよね。

 

いえいえ、これは夏だけの問題ではございません。

 

冬でも暖房が効きすぎたり、更年期で季節に関係なく汗が出て、外出することもままならない。

 

そういう人もいますよね。

 

周りに相談しても「気にすることないよ」と言われるだけ。

人間は、汗をかくのが自然だから、そう思っても、気になるときは、気になるものです。

 

朝のメイク前に、塗るだけで、更年期の顔汗で悩んでいた人が汗のことを忘れるくらいになる制汗ジェルを知っていますか。

 

その秘密は、ジェルの成分にあったのです。

 

以前、有働アナが脇汗がひどいと話題になりました。ネットでは賛否両論ありました。

 

私自身も更年期年代なので、脇汗というよりも、顔汗がひどくなることがありました。それと、太腿の汗です。

 

やはり人によって大量に出る部分が違うのでしょうね。 

 

更年期女性の場合は、「汗っかき」とは別の問題で悩む人がいます。ほてりとか、ホットフラッシュですね。

 

今回の目次

 

まずは顔汗で困っている人は、顔汗対策グッズ的なものから始めてみて、効果が実感出来ないようであれば他の方法も検討してみてはどうでしょうか。

 

折角朝メイクしたのに、汗で流れてしまうのも悲しいことですが、それより何より、ひとりだけ、ダラダラ汗を流していること自体が恥ずかしいですよね。

 

私の場合は、足や太腿でしたから、ストッキングに汗がぺったりつくのが困りましたがまだ、なんとかごまかせました。

 

それで誰かに何か言われたことありませんし。せいぜい、ベンチとかが濡れてしまうくらいでしょうか。

 

それよりも、なんとか止めたいと思うのは、顔や首、頭あたりからの汗ではないでしょうか。、

 

私は更年期世代とはいえ、50代半ばになりましたから、それほどでもなくなりましたが、40代後半くらいのほうが、体調の変化が激しかったですね。

 

誰でも通る道、とはいえ、人によっては顔汗で7年、8年悩む人もいるのだとか。

 

今回は、その顔汗、顔を中心とする汗で悩む人のために顔汗用のジェルをご紹介いたしましょう。

 

薬用制汗クリームはこちらで確認を。

 

>>>>朝塗れば、1日中顔汗知らず♪【サラフェ】

 

 

顔汗用ジェルのサラフェプラスの話の前に、更年期のホットフラッシュの話を

 

f:id:rumimarusr:20190225161851j:image

 

顔汗を止めるには薬や手術などで解決というのがありますが、医療機関に行かずとも比較的安全で身近な方法をご紹介しましょう。

 

のぼせや大量の汗がでることは、ホットフラッシュとして更年期世代の女性なら知っていますよね。

 

冷えのぼせといって、顔はほてって汗が出るのに、手の先、足の先は冷たいという人もいるようです。

 

私の場合、冷えのぼせもあったのかもしれませんが、あまり気になりませんでした(他人からは、手が冷たいねぇと言われたことは何度もあったけれど)。

 

のぼせて、顔が熱くなって赤くなる人、カーと上半身だけ熱くなる人(私は、これもあった)、いろいろタイプはありますよね。

 

それにしても顔汗です。有働アナではないけれど、汗を止めろと言われても、止まるものではございません。

 

誰でも夏はダラダラ汗が出ますが、その汗がとにかく異常なのです。体育会系の人が運動した時のようなじわじわした汗ではなかったのです。とにかく大量。変な汗でした。

 

まだ夏はごまかせます。問題は、冬でした。この大量の汗はなんだ!って感じでした。変な人に見られないかと思っていました。嫌だったのが、電車の中です。私の場合、なぜか電車に乗るとなっていたという。。。

 

あれは、満員電車とか関係あるのでしょうか?電車のストレスなのか。

 

だからいつも手放せなかったのが、「吸水性が優れている」と言われたタオルです。

ハンドタオルを2つ、いつもカバンに入れていました。すぐに取り出せるところにと、もし、忘れたときは、1枚で足りなくなった時のためです。

 

私は、主に、電車の中が多かったのですが、たまに、寝汗もかきました。

 

開き直ればいいのでしょうが、汗って目立つのですよ。

 

とりあえず、私の場合は、ハンドタオル2枚、いつも持っていること、が「顔汗対策」でした。後は、よく運動して、日頃から汗をかくようにしておくと、それほど落差を感じなくなるという話を聞きました。

 

さらには、漢方薬で対応する人もいるようですね。これは「顔汗」のみ、というよりは、更年期の症状全般的に治していく、身体全体から治すために漢方薬を使うようです(私も、いくつか病院で処方されたのを飲みましたよ。更年期に使われる漢方薬ならほとんど飲んだことがあるかも、です)。

 

その後、知ったのが、制汗クリームです。朝塗れば、汗を1日中抑えてくれるというクリームです。

 

サラフェプラスの効果が出る最大ポイントは、塗る順番、これを間違うと半減!

 

f:id:rumimarusr:20190225161846j:image

 

効果効能に「制汗」が書いてあります。制汗効果に関して、承認を受けた医薬部外品です。それと、皮膚汗臭ですね。それが顔用制汗ジェル(クリームと呼ぶ人も)、サラフェプラスです。

 

以前は、サラフェだったのですが、お客様の意見を取り入れ、さらに改良されたのが、サラフェプラスです(サラフェしか使ったことのない人は、ぜひ、サラフェプラスで改良を実感してみてください)。

 

  • ストレスから顔汗がひどい
  • ほてりと顔汗に悩んでいる
  • 顔汗だけでなく手汗もひどい
  • 更年期で顔汗が人にもわかるほどになっている

 

このように、更年期に限らず、顔汗で悩む人がいましたら、病院で治療とか漢方薬を飲むとかもいいのですが、それらと併用できるのなら、このサラフェプラスを使ってみてはいかがでしょう。

 

顔汗は暑くなると誰でもひどいものですから、若い人であっても、顔汗に悩む人がいますから、更年期に限らず使ってみてはいかがでしょう。

 

それに顔汗は気合いとか、気の持ち方で減るものではありません。

 

 特に、更年期の顔汗は本人の意思とは関係なくでてきます。

 

私の経験でいえば、冷房がギンギンにきいた電車の中でとか、冬場でもなったことがあります。自分としてはどうにもならず、ダラダラ汗が出てきて、それも滝のような汗になったこともあります。

 

そうなるとしまいにはポタポタ下にも落ちてきて、困った状態になりました。

 

人間ですから汗は出るものと思って、それをいかに押さえるかがポイントです。

 

ということで、漢方薬とか医療ではなく、制汗の方面で考えたい人にジェルを紹介します。

 

もし、これを使ってみても効果がなかったようなら、病院に行くようにしてもいいですし、漢方薬と併用して、ということでもいいんじゃないかと思います。

 

ただし、効果がないという人の中には、おそらくサラフェプラスを「塗る順番を間違えている人」もいるのではないかということで、今回のブログを書いた次第です。

 

順番がキモ、ですからね。順番がものすごく大事です。

 

軽く考えられていますが、サラフェプラスは、順番に気をつけてください。なぜなら、「フェノールスルホン酸亜鉛」が含まれているからです。

 

 汗がある程度抑えられると(全くのゼロにはならないので)汗に対する自分の感情、気持ちから来るストレスも緩和されますよね。

 

 

サラフェプラスをおすすめするのは成分に「フェノールスルホン酸亜鉛」が配合されているから

f:id:rumimarusr:20190225161840j:image

 

サラフェプラスには、薬用制汗の「有効成分」として、フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5-オールが配合されていることが外箱にも書いてあります。

 

とりわけ、フェノールスルホン酸亜鉛が顔汗のポイントなのです。聞いたことない成分かもしれませんが。

 

もし、あなたが顔汗用のクリームでもジェルでもいいのですが、顔汗対策として何か化粧品を買うのなら、「フェノールスルホン酸亜鉛」が配合されているものかどうかを見ておいてください。

 

「フェノールスルホン酸亜鉛」の汗を抑える作用が学術論文でも報告されているということが公式サイトにも書いてあります。フェノールスルホン酸亜鉛は、顔汗を抑えて、汗を抑えることでテカリも抑えてくれるという成分なのです。

 

ちまたに顔汗用の製品が増えているようですが、チェックポイントは、「フェノールスルホン酸亜鉛」配合かどうか、です。未だに、フェノールスルホン酸亜鉛が入っていない、制汗クリームもありますから。

 

従来の制汗剤とは違うのは、肌全体に膜を張るのではなく汗の出口を小さくして流れ出ないような有効成分なのです。

 

簡単にいえば、毛穴の引き締めなのでしょう。

 

さらに汗によるニオイ対策にもなりますね。「皮膚汗臭」と外箱の効果効能にも書かれています。汗を抑えることでニオイも抑えられるというわけです。だから、ワキガ対策のクリームにも使われているそうです。

 

公式サイトにも図が載っていますが、フェノールスルホン酸亜鉛には、毛穴を引き締めて、汗の出口を小さくするという収れん作用があります。

 

だから、肌全体に膜を貼るようなタイプの制汗剤とは違うのです。膜を貼ったり蓋をすることで汗を出す機能を止めてしまうタイプの成分よりも安心して使えますね。

 

ただし!

 

このサラフェプラスですが、けっこう有効成分が油と溶けやすく、乳液やらクリームやら、油分のあるものを使った後に、サラフェプラスを塗りますと、効果が半減することがわかっています。

 

ちまたで、顔汗用クリームが効かないと言っている人たちは、ぬる順番を間違えている可能性大です。

 

サラフェプラスが人気ナンバーワンの理由は美容成分20種類とセラミド配合だから

 

f:id:rumimarusr:20190225161835j:image

 

 

チラシとともに、箱に入ってやってきます。サラフェプラスは、サポート体制がしっかりしている企業としても有名です。

 

使っている人からの提案があったら、商品開発に活かしているのだろうなと思ったことがあります。現在はサラフェ「プラス」となっているように、当初は「サラフェ」だったのが、バージョンアップして「サラフェプラス」になりました。

 

それは、お客様の意見を取り入れたことです。新配合のナノセラミドで、角層の奥まで浸透するように浸透力がアップされました。

お客様からの改善などの要望を取り入れてバージョンアップしているのだそうです。

 

だから、他の制汗製品を使っていた人も、サラフェプラスに変えてからは、肌までキレイになってきた、という副次的な効果も言われることが多いのです。

 

別に肌をキレイにするつもりも無かったのに、と言っているお客さんが多いのですって。美肌になっちゃうのですね。

 

サラフェプラスは、ちまたの顔汗用クリームとは違い、植物エキスも多めです。

 

例えば、シャクヤクエキス、ワレモコウエキス、大豆種子エキス、茶エキス-1、オウゴンエキス、ユキノシタエキス、タイムエキス-1、エイジツエキス、サクラ葉抽出液、牡丹エキス、ノイバラ果実エキスなどです。

 

茶エキスとワレモコウエキスには、皮脂の分泌も抑えてくれる効果もあります。

 

サラフェプラスが、顔汗用クリームとして、みなさんから人気がある理由は、

その1,フェノールスルホン酸亜鉛が配合されていることと、

その2,豊富な植物由来成分

その3,ナノセラミド配合(サラフェプラスになってから新配合)だからです。

 

ナノセラミド新配合以外にも、ソメイヨシノ葉エキス、ボタンエキス、オウゴンエキス、タイムエキス、ダイズ種子エキスなども新たに加わっています。

 

サラフェプラスの公式サイトにも書いてありますが、有効成分と、それ以外の成分は以下のとおりです。

 

【有効成分】 フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5 オール

【その他の成分】 シャクヤクエキス、ワレモコウエキス、大豆エキス、茶エキス-1、オウゴンエキス、ユキノシタエキス、タイムエキス-1、エイジツエキス、ε-アミノカプロン酸、サクラ葉抽出液、牡丹エキス、水添大豆リン脂質、スフィンゴ糖脂質、濃グリセリン、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、グリチルレチン酸ステアリル、ビタミンCテトライソパルミテート、塩化Na、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、BG、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、メントール、香料

  

 

こういうのは、毎日継続して使うことで徐々に効果を感じるようになりますね。

 

サラフェプラスの安全性は?

 

 手のひらサイズの大きさなので、ポンプ式だとか、ボトルではないので場所を取らないので、バッグに入れておき、心配なときは塗ることもできますね。

 

箱には、「外出中に汗が気になったら、メイクをふき取るなどしてから、同じように塗り込んでください」と書いてあります。

 

メイクの油分と一緒になると、これまた、効果が出ないからですね。

 

ジェルとはいいますが、化粧下地としても使えるとのことで、クリームというよりは、乳液状のジェルですね。

 

サラフェプラスは汗を完全に止めるわけではありません。

汗の量を抑える働きですから、完全に止めてしまった体調がおかしくなることはないように設計されています。

 

私も、顔に塗ったら、どこか別のところ(例えば背中とか)に汗がドバドバ出るのではないかと思ったので、会社の人に連絡して聞いてみました。そうしたら、塗った部位以外、すなわち、全身の発汗作用には影響しません、とのことでした。

 

強いて言えば、汗は身体の水分ですから、尿として出やすくなるくらいじゃないかと。

 

それに、サラフェプラスは徹底的に安全にこだわって開発された製品なので、副作用のある成分は入れないとして開発されているのが特徴です。

 

合成香料、石油系界面活性剤、パラペンを使わない無添加です。

 

子どもから大人、お年寄りまで使えるようにと、肌にやさしい成分で開発しているそうですよ。そもそも若い人の間でも顔全体に汗が出てメイクが崩れたり、大事な場面で汗がたらたらという問題がありました。更年期の女性だけ、でないのですね。

 

中には、「手汗」で悩む人もけっこう聞きます。緊張やストレスから来る汗もあって、脇汗や手汗は従来から制汗剤がありましたが、顔汗用の制汗ジェルができたのは、塗る場所が顔だけに、肌にやさしい成分とか、美容液のように美容成分も入れるということで顔専用のものができたのでしょう。

 

サラフェプラスの効果的な使い方は化粧水の後!ワンポイントアドバイス

 

 エキスがたっぷり入っているような、しっとりしたテクスチャーです。伸びもいいですね。

 

とにかく、化粧水のあとに、このサラフェプラスですよ。

 

サラフェプラスのような顔汗予防の制汗ジェルは使い方によって効果が出方が違ってきます。

 

汗の出やすい部分に塗りがちですが、顔全体にぬったほうが効果があります。

 

しつこいようですが、気をつけたほうがいいのは塗る順番です。

順番によって効果が出る、出ないにかかわってきます。

 

メントールが少量入っているからなのか、ぬった後は、スッキリ感があります。

 

サラフェプラスはオイル系と併用は不可です。

油っぽいクリームや乳液の前に使います。これが非常に大切です。

 

化粧下地としても使えますが、化粧水の次に、サラフェプラスという順番です。

 

大事なことなので、何度も書きますが、効果がないと言う人は使い方が間違っている可能性が大きいと思うからです。

 

化粧水→サラフェプラス→乳液→メイクの順番です。

 

メイクあとに塗る場合は押さえるように塗っていきます。

「メイクの上からでも使える」と公式サイトには書いてありますが、私が思うに、これまた、メイクの油分と一緒にしないほうがいいです。

 

個人的に感じるのは、効果的なのは、やはり洗顔後、化粧水を塗ったあとです。

 

メイク前に塗って、肌のサラサラ感を感じてからメイクをするほうが効果がアップするように感じます。

 

日中の場合はメイクの上からも使用できますが、汗がひどい人は、メイクが落ちてしまっているでしょうから、こまめに塗るといいですね。

 

メイク直しのときにいったん、塗りたい部分は化粧水などで落として、サラフェプラスをぬって、また、しっかりメイクという順番のほうが面倒でも、化粧崩れもしない感じがします。

 

 

効果をアップさせるということでは、夜化粧水の後にも塗るといいです(朝、晩1日2回という意味です)。

 

サラフェプラスは定期購入だけど回数のしばり無

 

有効成分の働きで汗や皮脂を抑制してくれるので、朝塗ることで予防になるとして使えるのが、サラフェプラスです(ニオイが抑えられるとか、美容成分で美肌に、というのは副次的な効果でしょう)。

 

サラフェプラスは30g入りで約1ヵ月分使えます。それを会員価格で、30日ごとに届くという定期コースです。30日ごとに自動的に届くということです。

 

定期便ですが、ちまたの定期購入と違って、回数のしばりはありません。

どうしても続けられなければ、1ヶ月でも終わりにできるのです。

 

初回は、2,980円(税抜き)です。送料も無料です。

この特別価格は一家族1個のみとなります。単品での都度購入だと、通常価格になって8,480円(税抜)+送料600円(税抜)ですから、初回は、かなりの特別価格ですよね。

2回目以降は5,480円(税抜)+送料300円(税抜)となります。

  

また、定期コースだと肌に合わない場合が心配でしょうが、「初めてのお客さま限定」で、25日の返金保証があります。もし、使用中または使用後に、 ほてり、かゆみ、赤み、痛み、腫れなどの異常が肌にあらわれるなどした場合は、商品到着より25日以内に、お客さまサポートセンターに電話すればいいのです。

 

なお、返品の場合は、25日以内ということと、「明細書」「商品」「商品の箱」の3点を返送することに気をつけてください。

 

定期コースでも、契約の継続購入回数のしばりがないのが安心できます。

 

次回の到着予定日の10日前までに電話をすれば、いつでも解約が可能になっています。

 

猛暑日でもほとんど顔汗を気にせずに過ごせるようになったとか、顔汗からのストレスが減って嬉しいとか、テカリや化粧崩れが気にならなくなった、などの声も多いサラフェプラスです。

 

フェノールスルホン酸亜鉛が配合された制汗ジェルで、あなたの顔汗を軽減してくださいね。

 

顔汗を気にすることなく、外出できるのは気持ち的にラクですよ。

 

顔汗対策だけでなく、美容成分とセラミドで、肌までキレイしてくれるサラフェプラスをどうぞ

 

公式サイトはこちらから

 

>>>>顔汗予防にサラフェプラス

 

 

このブログは多くの方へ化粧品、コスメの使用感など情報提供をしているブログです。記事の中にはPRリンクを貼ってあるものもあります。

>>美肌を語るシミず先生のブログ  >>アイクリームとマイクロニードルパッチまとめ 

>>育毛剤女性用【50代の私が全部使った口コミまとめ