美肌を語るシミず先生のブログ

ファンデーション、オールインワンなど基礎化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。

ブログ記事一覧まとめ

ブログ記事一覧

レナセルを使ってみた口コミ!遺伝子検査であなたに合った幹細胞美容液が来る

レナセルのクリアセラムのシミ用を使ってみた口コミ(シミ用、シワ用、乾燥用の種類あり)

f:id:rumimarusr:20190225184456j:image

 

あなたにあった美容液。それも遺伝子検査して見つける。

そんな美容液を使ってみませんか?

 

アメリカでの新しいトレンドとして、これからはパーソナライズさせた化粧品、スキンケアが流行りなのだとか。いわば、オーダーメイドの化粧品ですよ。あなたにぴったりあったコスメということです。

 

日本では、まだ先のことかなと、思っていましたが、あったのですね。それも、幹細胞コスメでパーソナル美容液が。

 

新時代の美容法、それは遺伝子から弱点を先回りする美容液です。その人、その人個々の肌のニーズに合ったスキンケアを提供することがこれからの美容だと言われています。それが当然の時代になっていくのでしょう。

 

自分の肌に対してビューティーアドバイザーがデパコスなどでは、いろいろ質問することで、その人にあった化粧品を探すということはあったのかもしれませんが、生活習慣に関しても遺伝子検査でわかってくるのでしょう。占いではないけれど、いろいろな質問に答えることではなく、ぴたりと当てる、といったコスメになりますね。

 

あなたの肌だけのためにカスタマイズされた化粧品を使えば、将来、発生しそうな肌悩みに先回りできるわけです。

 

さらに、今回ご紹介する 【レナセル 】 のセラムは、最新の注目成分入りの化粧品、幹細胞コスメの美容液なのです。

 

私は、シミ、シワ、乾燥とある中のシミを使ってみましたので、ご紹介です。

 

こういうのを使うのは、好奇心ワクワクです!

 

 

幹細胞コスメとは何か。幹細胞にも種類があります

f:id:rumimarusr:20190225184558j:image

 

美容液の話の前に、幹細胞コスメと一口に言われますが、幹細胞のコスメにも、植物由来、動物由来、ヒト由来があります。私も、幹細胞コスメ自体を知った時に、書籍を買って調べてみましたよ。

 

そもそも、幹細胞コスメといいますが、幹細胞を使用したコスメ、ではないのですよ。再生医療の研究で使われる、ヒトの脂肪由来の幹細胞を培養する時に、幹細胞が分泌する成分が入った「培養液」を使ったコスメなのです。

 

いわば、上澄み液を使っているようなものです。幹細胞、と聞くと大丈夫かしらと思うでしょうが、幹細胞そのものズバリ、ではないのですよ。そこを間違えている人多いです。

 

幹細胞そのものを使っているわけではないので、安心安全で、現在、スキンケア、美容の展示会なども世界的に注目を浴びている成分です。

 

 プラセンタも登場した頃、プラセンタ=胎盤、胎盤って何よ、とプラセンタ入りコスメを使うことにためらっている人がいましたが、今は、上場企業のメーカーが作る化粧品にも、美白有効成分として、プラセンタエキスが普通に入っています。厚生労働省が認めた有効成分にも入っています。

 

 同じように、脂肪肝細胞コスメも幹細胞?それも、ヒト由来の幹細胞となると、大丈夫なのかしら、と思う人もまだまだ多いのが現状でしょうね。韓国やアメリカでは、けっこうヒト由来の幹細胞コスメがあるそうですけどね。最先端の技術として再生医療から

 

もちろん、脂肪肝細胞が入っているのでなく、その上澄み液、培養液を使っているわけですが、日本では大手薬品メーカーが美容液を作り始めたくらいで、大企業はまだまだですね。中小の美容関係の会社のほうが動きが早いですね。

 

>>>>DNAの検査結果を100%生かしたスキンケア【レナセル 】

 

ヒト由来の脂肪幹細胞コスメはどのような効果


f:id:rumimarusr:20190225185009j:image

 

先ほども、幹細胞コスメは幹細胞そのものを使っているわけではなく、培養液を利用しているのだということを書きました。成分名のところには、「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」と書かれています。若い女性の脂肪から、脂肪細胞を抽出し培養したものになります。5年ほど前に日本でも化粧品原料として認められました。

 

幹細胞培養液には500種類以上のたんぱく質が含まれていて、その中には150種類以上のサイトカイン(細胞間の情報を伝達する物質)やEGFとかFGFのような成長因子が入っています。

 

サイトカインやグロスファクターと呼ばれる成長因子は、細胞の成長や分裂を促したり炎症や免疫に関与していることがわかっています。サイトカインは細胞にシグナルを伝達し、細胞間の相互作用、細胞の増殖、分化などを引き起こし周囲の細胞に影響を与えることで知られています。

 

肌の再生は、グロスファクターを中心として新陳代謝がなされていますが、年齢を重ねるごとに衰えてきます。そのために肌の老化が進行するのですね。それを助けてくれるグロスファクター、成長因子を肌に与えることで、最先端のエイジングケアとして美容のみならず、毛髪再生を期待されヘアケア製品でも注目されているのです。

 

なぜ植物由来よりもヒト由来の脂肪幹細胞がいいのかといいますと、肌のターンオーバーを正常化して、皮膚のコラーゲン等を作り出す繊維芽細胞と同じくらいコラーゲンを増やしてくれる産生力があると確認されているからです。

 

植物と人間では細胞が違うため、その効果がよくわからない、という面があるからです。

 

その点、ヒト由来の脂肪幹細胞でしたら、人間のものなので、再生美容として優秀だということです。

 

しかも、レナセルのセラムは、「純国産」の幹細胞コスメなので、どこの幹細胞かわかっている、という点が安心です。

 

一口に幹細胞コスメといいますが、国産100%のものもあれば、韓国だとかどこの国のものかわからない化粧品もあります。

 

とにかく、あなたの使っているのは、韓国産の幹細胞ですか?それとも国産100%の幹細胞コスメですか?ということです。

 

原料を特に国産にこだわることで、さらに安心安全な「純国産」ヒト幹細胞培養液を使用しているというのが、レナセルの強みでしょう。

 

先日もブログに書いたように、美容の展示会に行くとわかりますが、ヒト幹細胞培養液に含まれる豊富な成長因子は、これからの美容における注目度の高い成分ですね。

 

 自分にあった美容液は肌細胞の遺伝子検査を経て決まる


f:id:rumimarusr:20190225184552j:image

まずは、遺伝子検査です。

 

日本初の次世代型エイジングケア美容液ですよ。なぜなら、その人その人で肌が違うわけですから、その人個人にあった美容液でお手入れできるからです。

 

レナセルのセラムなら、シミ、シワ、乾燥に関する遺伝子を調べて、肌質やリスクを考えて遺伝的傾向から選ばれた美容液を使うことができます。

 

遺伝子検査キットを使って、その後に美容液が決まるという順番です。

 

>>>あなたに合った化粧品に出会える!【レナセル 】

 

 

シミ、シワ、乾燥の関連遺伝子によってヒト幹細胞の美容液が決まる 

f:id:rumimarusr:20190225184446j:image

 今回のブログの最初に載せた美容液の写真は、シミ用の美容液です。

 

 

体内の抗酸化酵素が十分に作られるかどうかを調べます。抗酸化酵素を十分に作られないと活性酸素が蓄積して、シミになりやすくなるからです。

 

そのほか、シワ用、乾燥用もあります。シワ用は、糖化リスクです。肌の糖化は、コラーゲンやエラスチンの劣化を招きますからね。

 

乾燥は、過酸化脂質が生成されやすいかどうかを調べます。過酸化脂質は、肌のバリア機能を分解して水分が飛びやすくなり肌が乾燥するからです。

 

f:id:rumimarusr:20190225184542j:image

 下を持って、先端部分には、手を触れないように気をつけてください。

これを頬の内側に入れて10回くらい回しながら、頬の内側の細胞を取ります。

 

f:id:rumimarusr:20190225185102j:image

 

遺伝子検査ですから、同意書にも署名が必要です。

検査申込同意書と遺伝子検査容器を返信用の封筒に入れておくります。郵便ポストにいれても大丈夫です。

 

f:id:rumimarusr:20190225185107j:image

 遺伝子検査キットが到着してから14日以内に検体、自分の細胞ですが、それを返送しない人には、日本人女性の一般的な肌データに基づいた美容液を発送するとのことです。

 

せっかくですから、遺伝子検査をしてもらうといいですが、美容液だけが目的で、検査はしなくない、という人には、一般的な肌データで送ってもらえるのですから、それはそれでいいのではないかと思いますよ。

 

遺伝子検査なんかしたくない!という人だっているわけですからね。幹細胞美容液がほしいのであって、遺伝子検査はどうでもいいという人もいることでしょう。

 

解析が終わってから2,3週間で届けることになっています。注文が集中したりすると遅くなるかもしれないので、だいたい1ヶ月みておくといいでしょうね。

 

こればかりは、注文がいつ集中するかわかりませんので。

f:id:rumimarusr:20190225184603j:image

 口をゆすいでから(口の中にカフェインなどあると検査結果が正しく出ないらしい)、けっこう強めに頬の内側を10回ほどこすって、細胞を取ります。

 

 細胞を取った後はなるべく当日中に返送です。当日中には返送できないという場合は、冷蔵庫に保管しておそくとも3日以内に返送です。

 

 シミ用の美容液を例に

f:id:rumimarusr:20190225184428j:image

 シミ用、シワ用、乾燥用と美容液の配合が違うので、テクスチャも違いますし、ボトルも違います。

 

シミ用は、さらっとしたテクスチャーで、3種のビタミンC誘導体が配合されています。

まずは浸透型ビタミンC誘導体のAPPS配合です。AA-2G、複合機能ビタミンC、アミトース保湿型ビタミンCも入っています。

 

使い方は、美容液ですので、洗顔→化粧水→レナセル→乳液→クリームの順番です。

 

3から4プッシュ取り出して、顔に塗ります。美容液ですので、化粧下地ではありません。

 

 

f:id:rumimarusr:20190225184437j:image

 

 シミ用はこのようなテクスチャーです。シミ用は、先ほども書いたように、ビタミンC誘導体が3種類入っています。

 

それに対して、シワ用はナールスゲン、プロジェリン、リフトニン配合です。これらは、コラーゲン、エラスチンにアプローチです。

 

一方、乾燥肌には、世界最小クラスのヒアルロン酸であるHAー4,ヒト型ナノセラミド2,3,6、浸透型ヒアルロン酸と呼ばれるヒアロオリゴ、修復型ヒアルロン酸と呼ばれるヒアロリペアが配合されています。さすが乾燥肌用ですね。セラミドとヒアルロン酸は必須ですよね。

 

見ていると、どれもこれも高級な成分ですよ。それら成分のプラスしてヒト由来の脂肪幹細胞培養液ですからね。高級美容液と言っても過言ではございません。

 

もちろん、無添加にもこだわりがあります。無着色で、着色料は使っていません。無鉱物油、パラベンフリーです。紫外線吸収剤、アルコール、界面活性剤は不使用で、肌への負担をかけないようにしています。

 

 高級な成分に成長因子(グロスファクター)が豊富に入った脂肪幹細胞の培養液


f:id:rumimarusr:20190225184433j:image

 

レナセルは、遺伝子検査の費用を会社が負担するとのことなので、定期購入がメインになっています。「遺伝子検査費は当社が負担します」と書いてあります。ただし、定期購入を4回以上続ける人には、という点に気をつけてください。

 

定期購入の回数も4回以上続けるという契約になっています。といいますか、4回以上継続しない人には、遺伝子検査費用が発生します。

 

ヒト幹細胞の美容液は、どれも値段が高いのですが、本来は遺伝子検査代が24,800円と美容液が19,800円するのを、初回は5,980円(税抜)で始められます。

2回目からは、12,800円(これは美容液のみの金額です)になります。

 

定期購入をしないとなると、1回だけの通常購入ですと、44,600円(税抜)プラス送料600円と書かれていました(内訳は、遺伝子検査費が24,800円+美容液19,800円)

 

そうなりますと、やはり定期購入のほうがお得ですね。

 

 レナセルは、こちらから。

 

>>>あなたに合った化粧品に出会える!【レナセル 】

 

 

 

 

このブログは多くの方へ化粧品、コスメの使用感など情報提供をしているブログです。記事の中にはPRリンクを貼ってあるものもあります。

>>美肌を語るシミず先生のブログ  >>アイクリームとマイクロニードルパッチまとめ 

>>育毛剤女性用【50代の私が全部使った口コミまとめ