美肌を語るシミず先生のブログ

ファンデーション、オールインワンなど基礎化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。

ブログ記事一覧まとめ

ブログ記事一覧

資生堂で50代向け化粧品のブランドならプリオールがおすすめ!お試しセットCを使ってみた(しっとり美つや肌体感セット)

化粧水、UVケアの乳液が入った(BBクリームのサンプル付)がおすすめ

f:id:rumimarusr:20190317143517j:image

50代向け基礎化粧品を資生堂で探すなら、プリオールが超絶おすすめです。

 

まずは、トライアルの価格が安いので、お試しください。

 

基本のお手入れなのに、スペシャル級の満足感、それが、資生堂の50代以降向けブランド、プリオールのスキンケアです。

 

 シートマスクしたみたいなうるおう化粧水が入った「しっとり美つや肌体感セットC」を試してみました。

 

今回、ブログにて、ご紹介するプリオールはライン使いなのに、かなり「時短」「簡単」を意識したスキンケアになります。

 

  • 化粧水をつける時コットンを使わずに手でつける
  • スキンケアは洗面所で立ったままサッと済ませる

 

そのような人のためのスキンケアを考えたのがプリオールのスキンケアです。

 

ですから逆に、日常のお手入れ、スキンケアにたっぷり時間がかけられる人、スキンケアは、鏡台の前に座ってマッサージまで含めて30分くらい毎日時間をかけているわ、という人には、あまりおすすめしない商品です。

 

ライン使いでありながら、簡単、手軽に毎日のお手入れを!

 

美肌のために手抜きはしたくないけれど、完璧なスキンケア、手間暇かけないで済ませたい、と思う人にぴったりの製品がプリオールです。

 

お買い得だなとおもったのが第一印象でした。

「通販限定」資生堂のサイトで確認を

 

>>>>資生堂プリオールのページへ

 

この記事の目次 

 

 資生堂のプリオールは、「大人の七難」をかかえた年齢肌向けのエイジングケアのブランドです。

しかし「すんなり解決」と資生堂は言っておりますよ。

 

ちなみに、資生堂が言っている、大人の七難の七難とは何か?と申しますと、「凸凹、影、色、乾く、下がる、見えにくい、おっくう」なのですって。

ちょっと一部、意味不明ですねぇ。見えにくいとか、おっくうって。。。

 

 さて、オールインワンジェルやオールインワンゲルを使えば確かに時短は、できます。しかし、オールインワンの製品によっては、どうも物足りなさを感じる人が多いのも事実です。 

 

中には、日常の肌のお手入れは、オールインワンに頼りたくない、という人もいます。

 

プリオールはスキンケア基本のライン使いでありながら、かなり時短を意識したスキンケアだとわかりました。

 

なぜなら、資生堂は実際に50代、60代の中高年の女性に会って聞いてきたそうです。徹底調査ですよ。そのうえで、このプリオールを作っています。

 

調査してわかったこと。それは50代くらいのアラフィフは、日々のお手入れは、洗面所でしている(鏡台の前でなく)ということがわかったそうです。

 

それもコットンを使って化粧水を顔につける、というよりは、そのまま手のひらに化粧水をダボダボそそいで、手を使って化粧水を顔につけて済ませていることがわかったそうです。

 

いかに簡単に」お手入れを済ませるかがカギだとわかったそうです。

 

そのあたりの話は、いくつかありましたが、中でもサンケイビズが参考になりました。

 【ビジネスのつぼ】資生堂「プリオール」 中高年女性に化粧の楽しみ提案 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

 

私もまさにそうですね。手に直接、化粧水を乗せていました!コットンを使って、丁寧に時間をかけてぬることは、めったにありませんでした。

 

クリームを使った時も、しっかり時間をかけてマッサージしたいと思うのですが、続かないので、「簡単に済ませる」ことが多いです。

 

今回のお試しセットでは、化粧水は小さい容器なのですが、本製品のほうをみますと、洗面所に起きやすいようにと、シャンプーのようなノズルがあるパッケージになっています。これだと化粧水の蓋の置き場を考えずにすみます。

 

シャンプーのように押して、コットンではなく、直接手に取ってもいいように、それでも指の間から化粧水がこぼれないように、とろみのある化粧水です。コットンを使わなくても、そのまま、手でつけられます。

 

簡単なお手入れは、化粧水だけではありませんよーこれから順番に書いていきますね!

 

なお、プリオールのスキンケアですが、いきなり本製品を使うというのは、毎日使うお手入れのものだけに、抵抗があるでしょう。肌に合わなかったら、どうしようかな~と。

 

そのような人のために、お試しセットがあります。

 

プリオールのお試しセットはお試しセットa、お試しセットb、お試しセット「C」(しっとり美つや肌体感セット)がありますが、a・b・cのうち、私がおすすめするのは、お試しセットC(しっとり美つや肌体感セット)です。

 

その理由も書きたいと思っています。

 

プリオールのお試しセット、「1週間トライアルが1,080円」と書いてありますが、実は、化粧水は2週間以上持ちますよ!

 

まずは、先にトライアル、お試しセットを確認したい人は、資生堂のこちらのページで確認を

 

無くなり次第、終了です!!

 

>>>>プリオールの美つや肌体感お試しセットCのページへ

 

 

50代は、シミ、たるみ、乾燥肌、悩み多き年齢だと思いませんか

f:id:rumimarusr:20190317143628j:image

 「ようこそ、プリオールへ」プリオールのエイジングケアをはじめてみましょう!

 

石けん、化粧水、乳液が入っているトライアルセットです。 同じ乳液でも、昼用はチューブに入っていて、夜用はボトルに入っていました。

 

プリオールですが、買うべきか悩んでいる人がいたら、思い切って購入することをおすすめします。

 

千円ちょっとで、体験もできるんですよ。体験をしてみてから、自分に必要なスキンケアを取り入れればいいのです。

 

使ってみた体験談は後ほど書きますが、泡たてネットいらずの石鹸とか、化粧水も驚きでした(マスクイン化粧水という)。

 

一通り使ってみて、化粧水がいいなと思ったら、化粧水を続けてみる、乳液がいいなと感じたら、乳液を本製品で続ける、でいいんじゃないかと思いますよ。

 

最初に言っておきますが、私としては、プリオールのセットの中では、「医薬部外品」のおしろい美白乳液をおすすめしますわ。乳液なのに美白機能があって、UVカットにもなるからです。

 

5つの機能が入った乳液ですよ。

 

 さて、今回のブログは、プリオールは化粧の楽しみを引き出すだけでなく、ライン使いでも「時短」できる工夫がいっぱいということを書いていきましょう。

 

私たちの年代は、肌は乾燥するわ、肌はくすむわ、シミはできるわ、ハリは不足するわで、本来はお手入れに時間をかけないといけないのですが、毎日のことですから、おっくうだし、面倒ですよね。わかりますよ。

 

とにかく、使い方が簡単なスキンケアがアラフィフ世代から必要なのです。

一度で、何役にもなるようなスキンケア、それが理想です。

そのような工夫がいっぱいなのが、資生堂のプリオールです。

 

使い方も説明がありますし、原寸大の目安量もあるから、すぐに使えますよー

 

 

資生堂プリオールのしっとり美つや肌体感セットの使い心地など体験談

f:id:rumimarusr:20190317143620j:image

 

今回は、久しぶりの開封の儀からいきますよー

黄色のラインがキレイなワタシプラスの箱で、やってきました。

 

f:id:rumimarusr:20190317143558j:image

 ダンボール箱を開けますと、中に明細書が入っています。

私はカード払いしましたので、これだけですが、後払いの人は、この紙に注意してください。

 

明細書の下には、資生堂の製品案内が入っておりますので、それを取り出して、いよいよ、プリオールのお試しセットCとのご対面です。

 

f:id:rumimarusr:20190317143606j:image

 

しっとり美つや肌体感セットは、ピンクの箱に入っています。ワタシプラスが初めての人なので、その上には、BBジェルクリームのサンプルが乗っていました。

 

「イヤなとこ隠して、塗りました感なし」のBBクリーム。美つやBBファンデーションです。

 

f:id:rumimarusr:20190317143602j:image

 「大人の七難」という文字も見えますね。

「凸凹、影、色、乾く、下がる、見えにくい、おっくう」ですよ。

おっくう、ありますよねぇ。あなたも、ですか!

 

プリオール、オールクリア石鹸の泡で汚れをクリア

f:id:rumimarusr:20190317232824j:image

ころんと、丸い固形石鹸が、プリオールのオールクリア石鹸です。

微粒子シルク配合のもっちり泡が、人気です。

 

プリオールのオールクリア石けんはW洗顔不要(クレンジングと石鹸の2回の洗顔が不要)となっていて、クレンジングとしても使えるのですよ。メイクも、素肌汚れも1度に落とす!

これまた、時短への工夫です。

 

私は今まで、クレンジングだけど洗顔不要というのは、使ったことがありますが、このような固形石鹸で、W洗顔不要という石鹸は、初めてです。

 

確かに、夜のメイク落としと洗顔は、忙しいときほど、おっくうですよね。懇親会などで飲み会あったりすると、両方やるのは、面倒のピークです。

 

一度の洗顔でメイクまで落とせるのが推しポイントです。

 

汚れもメイクも落としながら、エイジングケアもできるという石鹸です。メイクを落とす場合は、顔を濡らさないで、そのまま泡で洗います。だだし、マスカラなどの落ちにくいメイクは、ポイントメイクリムーバーを先に使ってから、メイク落としします。

 

メイクをしていない時は、素肌の時は、水かぬるま湯で顔を洗って濡らしてから石鹸の泡を使います。

 

f:id:rumimarusr:20190319180344j:image

我が家の洗面所で、失礼します。

 

もこもこに泡立てるのが面倒という人が意外と多いのですが、泡たてネットがあるじゃん、と言われることが多いです。

しかし、このプリオールのオールクリア石鹸は、泡たてネットなしでも、泡がキレイに出ます。それも、すばやく立ちますよ!

 

50代のような乾燥や小じわが気になる年代には、洗顔の泡がとっても大切なのです。まず、泡がしっかり立っていないと、肌を痛めますからね。泡のクッションでお肌にやさしく、です。

 

オールクリア石けんが良いところは、泡立てネットを使わなくても、もちもちの泡になることです。

信じられなーいと思うでしょうが、なります。

正直言うと、私自身が信じてなかったです。

 

しか~し、本当に濃い泡が出てきます。特に手に水をつけますと、あっという間に、どんどん泡が出てきます。

 

泡たてネット要らずとはいうものの、今度は、泡たてネットを使ってやってみようかしら。

 

水をあまりつけないと、このように濃厚なクリーム状になっていきます。

 

f:id:rumimarusr:20190319180332j:image

 この状態で、クレンジングとして使えますね。とにかく、クレンジングいらずで、朝晩使えますよ。

 

資生堂の説明によると、この泡は、微粒子シルクが配合されているのだそうです。肌の汚れ、メイク汚れ、古い角層をとり去ってくれます。

 

微粒子シルクが石鹸の重要部分ですね。洗い上がりも、もっちりつやつやですよ。泡も長持ちするタイプです。微粒子シルクが、小じわの奥のメイク汚れや古い角層を除去してくれます。

 

古い角層まで取り去るからか、肌本来が持っている透明感を引き出すわけで、ワントーン明るくなったみたいな感覚になります。それよりなにより、泡が気持ちいいから、洗うのが楽しみになりますわ。ほんと、ずっと泡で遊んでいたい気分です。

 

メイクも素肌汚れも、「密着こく泡ですっきり落とす」がキャッチフレーズの洗顔石鹸です。

 

クリーミーなコクのある泡が素早く泡立ってくれて、つるつるなつや肌に洗い上げます。つるつるな「つや肌」に洗い上がるから、「つや肌」セットに入っている意味がわかりました。

 

乾燥による小じわも目立たなくするというのも、効能評価試験済みですって。

 

一度の洗顔で済むから時間も水の使用量も節約になりますね。毎日のことですから、これも重要です。つるつるなめらかで洗い上がりのしっとりが大満足であります。

 

 化粧水はマスクイン化粧水、50代に嬉しいシートマスクしたみたいにうるおう

 

f:id:rumimarusr:20190317230019j:image

 

石鹸が、W洗顔要らずの石鹸でしたが、こちらの化粧水は、シートマスク要らずの化粧水といえます。なんせ、「マスクイン」ですから。

 

最近、化粧水が肌になじみにくくて、肌のうるおいがたりないなぁと思っていませんか?

 

化粧水をつけても、乾いてしまう。かといって、美容マスクをすればうるおうけれど、面倒でついついやらないことが多い。

 

そのような人は、プリオールの化粧水を試してみてください。肌に化粧水を手でなじませるだけで、「10分間シートマスクしたみたいにうるおう」という化粧水なのですから。

 

これは期待が高まりますね。

だって、シートマスク不要になりますからね。

 

私の場合、プリオールのマスクイン化粧水、この化粧水はCMで見ていて、宮本信子さんだか、原田美枝子さんだかが、「55歳からはツヤが命。ツヤの化粧水」と言って気になっていました。

 

化粧水だというのに、化粧水が染み込んだら、ツヤツヤって言っていて。

へぇ、どんなものだろうと思いましたよ。

 

f:id:rumimarusr:20190317230030j:image

つや、ハリ、透明感に満ちるのがプリオールのマスクイン化粧水です。

ハリ、つや、うるおい浸透、透明感、乾燥小じわを目立たなく。それがシートマスク効果なのです。

 

洗顔後に、手のひらに使用量をとって、顔全体になじませます。使用量の目安は、10円硬貨くらいの大きさですから、たっぷりめに使ったほうがいいようです。 

 

とろみがあるのに、肌にすっと馴染む浸透の高さがいいですね。

 

 

資生堂は、わかっているのです。50代の心理を。

乾燥した肌を保湿しなきゃと、シートマスクしてスペシャルケアすることの重要性をわかっっているのに、おっくうだし、時間はかかるし、そうそう毎日やってられない。

 

だからこそ、マスクイン化粧水なのです。「シートマスク兼、化粧水」にしてしまえばいいのです。一挙両得です。

 

本製品のほうは、さらに楽チンのシャンプーみたいなポンプ式です。押して出せばいいだけです。

 

うるおいは、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワラン、3つの保湿成分です。不足しがちなうるおいを「トリプルバランスで充実補給」といっていたのは、この3つの成分ですね。

 

3つの保湿成分が入った化粧水を手でなじませるだけ。コットンいらず。

マスクイン化粧水は、コットンよりも手使用がおすすめです。もちろん、コットンを使ってもいいのですけど。

 

効果的アップには、化粧水を肌にひろげてから、手のひらで押し込むようにていねいになじませるのがおすすめです。ていねいになじませると、その後のつやもアップしますよ!

 

まるで、10分間シートマスクをしたような、しっとり肌になれるんです。だから、乾燥による小ジワも目立たなくします。

 

そのうえ、まるでシートマスクした後の肌のよう。ツヤツっヤです。

 

その秘密は、「うるおい注入成分」と「うるおい密封成分」なのですわ。

 

年齢とともに、固くなった肌の角層まで、うるおいを届けて、肌のうえでうるおいベールを作ってくれるんです。

 

毎日の化粧水で、シートマスクしたみたいなツヤ肌になれるなんて、便利な化粧水ですわ。

 

乳液なのに、おしろい効果の日中用!資生堂なら、ほんのりカバーと紫外線ケアも

f:id:rumimarusr:20190317232813j:image

うすいピンクのテクスチャーが昼用の乳液です。ほんのりピンクが肌の明るさをアップしてくれます。

 

プリオールの乳液は日中用(おしろい美白)と夜用(クリームイン)がわかれていますよ。これは、日中用です。

 

これからの美白ケアは「通年美白」の時代なのだそうです。夏だけとか、日差しが強いときだけの話ではないそうです。

 

そこで、今回の資生堂プリオールですが、乳液ですが、おしろい美白乳液です。

 

乳液なのに、おしろい?何だ、何だですよね。

乳液なのに、おしろいをぬったみたいな仕上がりなんです。乾燥や紫外線からしっかり肌を守るのはもちろんのこと、小じわやくすみ、色ムラのような年齢サインもほんのりカバーです。

 

そう、プリオールの日中用乳液は乳液なのに、おしろいをぬったみたいな仕上がりになるスグレモノなのです。だから、朝、とってもラクなのです。

 

ここで、質問です。ちょっと近所へ出かける、という時メイクはどうしていますか?

 

パウダーファンデをちょっとつけるなど軽くしていますか?肌にはどれがいいのか、悩みですよね。

 

私は、日差しが強い時期は、日焼け止めだけですよ、ほぼ、すっぴんです。それじゃいけないとは思いますけど、面倒くさいです。

 

しっかりメイクは面倒だし、すっぴんはこれまたちょっとと思う人が大多数だと思います。

 

そこで、この乳液です。「たった1本で、ちょっとそこまでのご近所美肌の完成!」プリオールの日中用乳液は、おしろい効果がありますからね。

 

f:id:rumimarusr:20190317232809j:image

これが乳液をある程度、伸ばしたところです。おしろいのようなメーク効果があります。

 

おしろいみたいに肌をほんのりカバーしてくれるんですよ。だから肌がワントーン明るくなったみたいにもなるのです。

 

日中用乳液の秘密は5つの機能にあります。

薬用美白、UVカット、保湿、化粧下地、薄化粧効果の5つ。

 

うるおいはもちろん、紫外線対策(SPA50+、PA++++)もバッチリなのです。

資生堂ですから、薬用美白もmートラネキサム酸配合です。美白と肌あれ有効成分です。

 

この昼用乳液があるからこそ、私は、お試しセットCをおすすめするのです。

 

今や紫外線対策も、美白対策も通年で考えないといけない時代です。そもそも光老化って言葉があるくらい、紫外線を防がないと、肌の老化に老化を重ねるようなものですから。

 

それも、日焼け止めを塗って、パウダー叩いて、ではなく、朝、化粧水のあとに、パパッと伸ばすだけだから楽チンです。楽チンだから、続けられるという、ことでこれは、いいなと感じたのです。

 

本物のおしろいではないので、粉のように帽子やマスク、襟にもつきにくいから、ばっちりメイクの必要がない場合にもってこい。それにふつうの洗顔料で落とせますよ。

 

毎朝の新習慣にしてください。ガーデニングや散歩などで、そのままご近所へ行けるなんて、助かります。うすいピンク色が肌の色ムラもカバーしますよ。

 

このようにおしろいのようなメイク効果があるけれど、もちろん、その後に、ファンデーションを使っていいのですよ。

 

ただし、使用量が少ないと、十分な紫外線防御効果がなくなりますので、ケチらずに使いましょう。

 

 

クリーム級のハリやつやが持続するという夜用の乳液は、クリームイン乳液

 
f:id:rumimarusr:20190317232805j:image

日中用乳液はチューブに入っていましたが、夜用はボトルに入っています。

 

こちらの夜用は、白い色で重めではなく、軽めのテクスチャーで、みずみずしい感触で、肌になじみやすいです。

 

化粧水の後に、乳液をつけてもうるおいが逃げていく気がするから、クリームを使っていた。そういう人が多いはずです。

 

しかしプリオールの夜用乳液は乳液なのに、クリームみたいな使用感なのです。夜用乳液は、クリームを使わなくても済むという「クリームイン乳液」です。肌になじんだ後は、クリームのようなもっちりとしたハリとつや感を、長時間保つのが特徴です。

 

これまた、時短にもなりますし、簡単なお手入れになりますね。

 

資生堂のサイトには、「高品質で保湿効果の高いワセリンを、微粒子化して配合」と書いてありました。

 

クリーム級というのは、使用感だけでなく、ハリつやの持続力もなのです。

 

「乾燥による小ジワも目立たなくする」というのもわかります。コットンを使わずに、肌に直接塗ることができます。

 

角層までしっかり浸透して、うるおいを補給してくれます。使用後は、もっちりとしてますね。

 

保湿成分は、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワランの3つです。

うるおうからでしょうか。肌がちょっと明るく見えるみたいです。

 

>>>>プリオールの美つや肌体感お試しセットCのページへ

 

資生堂プリオールのお試しセットCの成分について

f:id:rumimarusr:20190317232829j:image

 ここからは、成分が気になる人のために、美つやエイジングケア体感セットの成分について書いていきましょう。

 

【オールクリア石鹸について】

水,ミリスチン酸Na,スクロース,グリセリン,ラウリン酸Na,ミリスチン酸K,ソルビトール,PEG-60水添ヒマシ油,ラウリルグリコール酢酸Na,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,ココアンホ酢酸Na,ラウリン酸K,テトラヒドロキシプロピルエチレンジアミン,PEG-10メチルエーテルジメチコン,オレイン酸Na,酸化チタン,ポリクオタニウム-7,塩化Na,オレイン酸K,ポリクオタニウム-6,トレハロース,ベタイン,ジステアリン酸Al,EDTA-3Na,水酸化Al,ココイルメチルタウリンNa,エチドロン酸4Na,EDTA-2Na,PEG-90M,シルク,ヒドロキシプロリン,トコフェロール,シリカ,セリシン,クエン酸,ソルビン酸K,BHT,香料,酸化鉄

 

 微粒子シルク入りというだけあって、成分の中に「シルク」が入っていますね。

 

【マスクイン化粧水 (しっとり)について】

水,グリセリン,DPG,エタノール,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,BG,エリスリトール,トレハロース,メチルグルセス-10,PEG-6,PEG-32,ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン,PEG-60水添ヒマシ油,塩化Mg,スクワラン,塩化Ca,リン酸アスコルビルMg,酢酸トコフェロール,ヒアルロン酸Na,ヒドロキシプロリン,リシンHCl,加水分解コラーゲン,セリシン,ミシマサイコ根エキス,カルボマー,ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2,EDTA-2Na,イソステアリルアルコール,イソステアリン酸,AMP,クエン酸,ソルビン酸K,フェノキシエタノール,安息香酸Na,香料

 

ビタミンEの酢酸トコフェロールが入っています。

 

資生堂の美容成分辞典によると、

『ビタミンE(トコフェロール、α-トコフェロール)』『ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール)』は、脂溶性の抗酸化成分として、医薬品、化粧品、食品に使用されています。抗酸化作用があり、肌に悪影響を及ぼす活性酸素を防ぎ、血行促進や肌荒れ改善効果により、くすみ、くまなどを改善します。

 これを読むと、重要ですよね。

その他、保湿成分で有名なヒアルロン酸Naや、加水分解コラーゲン,繭や絹で知られるセリシン、それに、ミシマサイコ根エキスも入っています。

 

 

f:id:rumimarusr:20190317232820j:image

 

【おしろい美白乳液について】

トラネキサム酸*,水溶性コラーゲン(F),ヒアルロン酸ナトリウム(2),植物性スクワラン,セリシン,精製水,デカメチルシクロペンタシロキサン,デカメチルテトラシロキサン,パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル,1,3-ブチレングリコール,エタノール,メチルポリシロキサン,濃グリセリン,含水ケイ酸,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,2,4-ビス-[{4-(2-エチルヘキシルオキシ)-2-ヒドロキシ}-フェニル]-6-(4-メトキシフェニル)-1,3,5-トリアジン,無水ケイ酸,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ポリプロピレングリコール,2,4,6-トリス[4-(2-エチルヘキシルオキシカルボニル)アニリノ]-1,3,5-トリアジン,イソステアリン酸,架橋型N,N-ジメチルアクリルアミド-2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸ナトリウム共重合体,セスキイソステアリン酸ソルビタン,サクシノグルカン,トレハロース,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,クエン酸,メタリン酸ナトリウム,ジブチルヒドロキシトルエン,エデト酸二ナトリウム,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),クエン酸ナトリウム,塩化マグネシウム,塩化カルシウム,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,酢酸DL-α-トコフェロール,L-オキシプロリン,塩酸リジン,サイコエキスBS,香料,低温焼成酸化亜鉛,雲母チタン,酸化チタン,マイカ,ベンガラ  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

 

おしろい美白乳液というだけあって、トラネキサム酸が入っていますね。 

成分の前半に、水溶性コラーゲンや、ヒアルロン酸ナトリウム、そして植物性スクワラン、さらにはセリシンと、成分を見ているだけでも頼もしい、美白乳液です。

ビタミンC誘導体のひとつ、リン酸L-アスコルビルマグネシウムも入っています。

 

【クリームイン乳液 (しっとり)】

水,水添ポリデセン,DPG,グリセリン,エタノール,テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル,エチルヘキサン酸セチル,ワセリン,ステアリン酸PEG-5グリセリル,ジメチコン,ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン,AMPD,トレハロース,PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル,キサンタンガム,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),塩化Mg,スクワラン,塩化Ca,リン酸アスコルビルMg,酢酸トコフェロール,ヒアルロン酸Na,ヒドロキシプロリン,リシンHCl,加水分解コラーゲン,セリシン,ミシマサイコ根エキス,ステアリン酸,ベヘニルアルコール,イソステアリン酸,ステアリン酸グリセリル(SE),ベヘン酸,カルボマー,EDTA-3Na,(ジメチルアクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)クロスポリマー,メタリン酸Na,BG,トコフェロール,クエン酸,ソルビン酸K,フェノキシエタノール,安息香酸Na,香料,酸化鉄

 

今まで上に書いたものの繰り返しになってしまいますが、クリームイン乳液には、スクワランやヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲンのような保湿成分が入っています。

 

その他、ビタミンC誘導体のひとつのリン酸アスコルビルMg、ビタミンE誘導体の酢酸トコフェロール、繭や絹でしられるセリシン、そしてミシマサイコ根エキスも入っています。

 BBファンデーションならプリオール美つやBBジェルクリーム

f:id:rumimarusr:20190317143615j:image

 

はじめてワタシプラスを利用したからか、BBファンデーションもついてきました。サンプル用ですね。入っていたのは、オークル2番とオークル3番です。

 

BBクリームといえば、1本、4役、5役は普通です。このプリオールのBBファンデも例外ではなく、ファンデーション、UVカット、美容液、化粧下地、クリーム、肌色コントロールの6つの機能があります。

これらの機能、全部が入っているんですよ。

 

UVカットについては、SPA35,PA+++です。

 

50代くらいの女性が一番気にしているのが、目元や口元の年齢線ですよね。このBBジェルクリームは、「ほうれい線や小じわ、シミ、くすみをつやでカバー」と書いてありまして、年齢サインをつやでカバーが魅力となっています。

 

たしかにファンデーションを何回も重ねるとしわに入り込んでよれてしまうことがありました。いわれてみれば、隠そうとすればするほど、目立つという。

 

「塗りました感」なくてもカバーできるんですね。気になる部分を目立たないように、カバーしてくれる。それも、塗りました感は、なしで。

 

それでも気になる部分があるなら、指でトントンと重ねつけするといいですよ~。コンシーラーみたいになります。

 

塗っていても、ベタつかないし、楽チンで贅沢なファンデーションです。

 

いちおう、成分をピックアップしておきますね。

水,グリセリン,イソヘキサデカン,BG,ジメチコン,酸化チタン,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,シクロメチコン,テトラ(ベヘン酸/安息香酸/エチルヘキサン酸)ペンタエリスリチル,(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー,ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン,カルボキシデシルトリシロキサン亜鉛,トリイソステアリン酸ポリグリセリル-5,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,トレハロース,ヒアルロン酸Na,セリシン,加水分解コラーゲン,ジステアリン酸Al,水酸化Al,イソステアリン酸,PEG-10ジメチコン,テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン,テトラデセン,EDTA-3Na,シリカ,BHT,ハイドロゲンジメチコン,アルミナ,トコフェロール,酸化スズ,クエン酸,ソルビン酸K,フェノキシエタノール,メチルパラベン,エチルパラベン,安息香酸Na,香料,(酸化鉄/酸化チタン)焼結物,酸化鉄,マイカ,硫酸Ba

ヒアルロン酸Naだとか、セリシンだとか、加水分解コラーゲンも入っているBBファンデーション、BBジェルクリームなのですね。

 

資生堂の中で選ぶなら50代はプリオールがおすすめ 

f:id:rumimarusr:20190317143624j:image

 

このように50代の気持ちをわかってくれている基礎化粧品がプリオールです。

気になる年齢サインもあるし、だけどマッサージや美容器具を使うのは面倒だし続かない。 毎日のお手入れに簡単に、それがプリオールです。

 

初めてプリオールを使ってみようかな、と思う人におすすめのお試しセットです。

洗顔石鹸、化粧水、乳液(日中用、夜用)にBBファンデーションのパウチサンプルがついていましたよ。旅行にも持っていけそうな便利なサイズです。

 

マスクイン化粧水は、15日間も試せるサイズなので、お得感がありますね。上にも写真を載せておきましたが、使用法を書いたリーフレットやスキンケア製品紹介冊子もついています。

 

ただし、お試しセットに入っているのは、化粧水にしろ、夜用のクリームイン乳液にしと、「しっとり」、なので、乾燥肌の人は、お試しセットから移って本製品を購入するときは、「しっとり」と「とてもしっとり」があるので、「とてもしっとり」、の方を買った方がいいです。

 

乾燥肌の人は、「しっとり」のほうしか入っていないお試しセットだと、ちょっと不満が残るかもしれませんが、本製品を購入する時に「とてもしっとり」を選んでください。

 

あくまで、肌に合うか、アレルギー出ないかの確認のために、トライアル「お試しセット」を買うわけですから。

 

とにかく、こんなに充実している基礎化粧品のセットが、 なんと税込み1,080円でお試しできるんです。コスパ抜群です。

 

この値段なら、購入を迷うことないでしょうから、まずは、お試してみてくださいね。

 

資生堂のこちらのページで確認を

 

>>>>プリオールの美つや肌体感お試しセットCのページへ

 

 

 

 

【こちらも人気の記事です】

 

基礎化粧品のトライアルセットをいろいろと比べています。

>>50代の基礎化粧品おすすめ比較

 

 >>アテニアのドレスリフトのお試しセット!40代、50代に人気の基礎化粧品

 

>>小林製薬のヒフミドのトライアルの体験レビュー!肌にはヒト型セラミドが大事

 

 

このブログは多くの方へ化粧品、コスメの使用感など情報提供をしているブログです。記事の中にはPRリンクを貼ってあるものもあります。

>>美肌を語るシミず先生のブログ  >>アイクリームとマイクロニードルパッチまとめ 

>>育毛剤女性用【50代の私が全部使った口コミまとめ