美肌を語るシミず先生

スキンケア化粧品を中心に「使用感」を書く口コミブログ。アラフィフ(45歳から54歳くらい)の参考になるようにブログ書いてます。美肌への道は「保湿に始まり保湿に終わる」自分と体質が似ている姪の悩みのニキビについてもケアについて書きます。

暑くなると毛穴が開くから毛穴の目立ちが加速

40代、50代のための毛穴の悩みについて

6月に入りましたね。どういうわけか、6月くらいから毛穴が悩みですという人が増えてきます。暑くなると、毛穴の開きが気になるのですね。

 

f:id:rumimarusr:20170519184331j:image

中年以降、すなわち、40代、50代の毛穴の開きとなると、若い頃の毛穴開きと話は違ってきます。たるみ毛穴というのも、40代、50代からの悩みで、10代ではありませんね。

 

若い頃の毛穴開き、毛穴の目立ちは、主に皮脂が過剰に出ていることからきますよね。皮脂が多すぎて、皮脂と汚れが混在して、中には酸化してしまい結果的に毛穴が目立つようになってしまうのですね。

 

今回は、大人の女性、すなわちアラフィフのためのお話です。

 

アラフィフくらいになってからの毛穴が目立つ原因については、若い頃よりもう少し複雑で、大きくわけて3つあると言われています。

ストレスについて

まずは、ストレスです。

 

これはもう仕方がないですよね。ストレスのない世界がないのですから。なるべくストレスを減らそう、ストレスは発散しようとしか言いようがないです。

 

仕事や人間関係のストレスはもちろんのこと、春先は花粉症やら新年度でストレスがたまり、梅雨は梅雨でベタベタしてニオイが気になったり、夏になればなったで、暑さそのものがこれまたストレスです。年がら年中ストレスは身近にあるものなのですから、仕方がないといえば仕方がないことなのです。

 

しかし、毛穴開きの原因の筆頭に来るのが「ストレス」なのです。

 

なぜなのか。ストレスが毛穴の周りの柔らかいコラーゲンを減少させて、毛穴を閉じにくくさせていることが研究でわかっているからです。これは以前にも書きました。

 

また、ストレスは毛穴を広げる皮脂の分泌を増やすという側面もあります。毛穴のまわりのコラーゲンが硬いと皮脂が多く通ってしまうと、毛穴を収縮させることが出来ずに目立つからです。これがたるみ毛穴の主要な原因になります。柔らかければ皮脂が多く通っても戻るのですが、それができにくくなるから、ということです。

 

さて、ストレスをためない生活をめざすには、マッサージがいいですよ。お顔のマッサージでも、身体のマッサージでも保湿クリームを塗りながらやってみるといいです。できれば、香りのよい美容液、乳液などでお顔のマッサージを兼ねて塗っていくといいですよ。

 

私はお気に入りの香りの乳液を時々つかって、マッサージしながら大きく息を吸い込んで香りをかいでおります。アロマオイルがいいという人もいることでしょう。

 

このようなことを一日の終りにしておくと、気持ち的にもクールダウンします。

 

紫外線について

意外とこの時期、侮れないのが紫外線です。紫外線と毛穴なんて、まったく結びつかないと思いますよね。

 

これは過剰な皮脂分泌にかかわることになります。気温が上がると皮脂が増えるというのは、顔のTゾーンの脂っぽさといい、わかるかと思います。化粧崩れで夕方まで持たない人も多いかと。

 

気温が上がってくることと、紫外線が増えることのダブルパンチで皮脂分泌が増加します。それだけ皮脂が毛穴から通るのですから、当然のことながら、毛穴が開きます。

 

気温が上がるのは防ぎようがないですから、せめて紫外線対策をしておきましょう。

いつもは日焼け止めだけで終わるものを、化粧下地も、ファンデーションもSPFやPAの数字に気をつけて、日焼け止めだけでなく、化粧下地もUVカット、ファンデーションもUVカットというようにすれば、防御力もアップするというものです。

 

この場合も、塗り残しのないように気をつけておきましょう。

 

乾燥について(保湿)

私のブログでは何度も出てくる保湿です。乾燥を防ぐことが肌にはいいのです。

 

夏は保湿は関係ないと思っている人の多いこと、多いこと。クーラーをかけたら、乾燥しますよ。表向きは大丈夫と思っていても、インナードライということもあります。

 

ニキビケアでも、かなりの人が脂性肌だから保湿は関係ないと思っているように、普通の人でも夏になると皮脂分泌が過剰になるから、保湿は関係ないと思い込むのですよね。

 

私のモットーは、肌の手入れは保湿にはじまり、保湿に終わる、なのです(笑)。

 

インナードライになりますと、それが肌のハリを失うことになり、肌がふっくらしていないと、これがまた毛穴の開きが目立つようになるという悪循環が待っています。

 

秋冬の化粧品を使えというのではなく、夏用の対策です。夏用の保湿です。うるおいを失わないようにです。肌の内側から水分でふっくらさせると毛穴も目立たなくなってきます。夏には夏の基礎化粧品がありますから、ひんやりして水分がたっぷり含まれたものを選ぶといいでしょう。

 

とにかくみずみずしい肌を目指していくことが大事。乾燥のパリパリからはおさらばです。肌にうるおいを与える、うるおい重視でいきましょう。

 

あとは、、、

 

ファンデーションや化粧下地で隠すことですね。

 

とりあえず、隠すということで、緊急的にやることも必要かな。化粧下地はフラットに見えるようにしておきまして、クリームファンデーションを塗り込んでいきますと、かなり毛穴は隠れるかと。パウダーファンデーションを厚塗り、という手もありますが、これは厚化粧になってしまうのが欠点ですね。

 

できれば、自然に隠したいではありませんか。化粧下地でフラットにして、クリームファンデーションで毛穴の目立つところを重点的に補正するというところで、どうでしょう。