読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美肌を語るシミず先生

スキンケア化粧品を中心に感想を書く口コミブログ。美肌への道は「保湿に始まり保湿に終わる」自分と体質が似ている姪の悩みのニキビについてもケアについて書きます。

コーセーで50代に合うファンデーションを探した

5役のファンデーションでUVカットも化粧品業界最高値

「50代の年代でも使えるファンデーションを探している」

「オールインワンのもので、1本でいろいろ済ませたい」

「くすみやシミをファンデーションで隠したい」

 

 f:id:rumimarusr:20170428181121j:image

 

化粧品に関しての美容雑誌を見ても、20代、30代の肌にあっているファンデーションは次から次へと特集が組まれているのに、アラフィフのための情報はないに等しいではありませんか。

 

私たちの年代だって、ファンデーションについて知りたいですよね。

そのような不満を持っているあなた、いいファンデーションありますよー

 

コーセーからでている「澄肌CCクリーム」なのですが、どのような点がいいのか、、、、

 

今回は、それについて書いておきましょう。

 目次

 

50代は時間がない、化粧もぱっぱと済ませましょう。だから時短メイク 

なんて言ったって、化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダー、クリーム、そして日やけ止めまで、1本で5役です。

 

時短メイクを目指そう!です。

 

「化粧下地」は、毛穴を目立なくしてくれますし、時間が経つとテカリに悩まされる人には必要です。暑い日でもベタつかなくて夕方になると開きやすい毛穴にも対応してくれるのです。

 

「ファンデーション」としても、くすみを隠してキレイな肌色のままです。なぜかというと、一般的なBBクリームで使われているパウダーとは違うから。ずっとくすまないでキレイな肌色のままなのです。

 

「フェイスパウダー」も「さらさらエアインパウダー」が役目を担います。中が空洞になっているので、長時間さらさらの肌にしてくれます。しかも、ほうれい線も目立たないのです。

 

これだけのことが1本で、すなわち、1回でできるとなりますと、今、はやりの時短メイクということになりますね。

 

いちいち化粧下地塗ってから、ファンデーションを塗って、さらにはパウダーはたいて、そのまえには、クリームも塗ってでないといけませんし、紫外線予防はすべての肌の基本ですから日焼け止めも、となりますと、どれだけ時間がかかるやら、です。

 

コーセーのサイトで見てみる>>>>澄肌CCクリーム

 

50代はシミも気になるから、日焼け止めとしても強力で

そうそう、日焼け止めに関してですが、化粧品業界界ではこれ以上無いというくらいの最高値であるSPF50+、PA++++なのですから、安心です。これだけの数字なら、ちょとやそっとの紫外線でもカットしてくれますよ。UVカットというくらいですからね。

 

f:id:rumimarusr:20170505034731p:plain

しかし、数値的には合格だけど、付けたら皮膚が呼吸できないような感じになるようなものでは困りますよね。コーセーですからCCクリームも、軽くてなめらかなのが特徴なのです。

 

さて、CCクリームではカバー力が足りないととかく言われていますよね。

 

しかし、そこがコーセーです。くすみ、シミ、さらには毛穴もカバーしてくれます。カバー力が違います。

 

カバー力があって、スキンケア力もあるというのは、なかなか両立しないのですが、そこが長年化粧品メーカーとして続いてきたコーセーだからこそ、できるのですね。

 

うるおいが大事な年代だから!CCクリームに配合されている有効成分は何でしょう?

 

この澄肌CCクリームには、お米由来の成分が入っています。

 

もっといいますと、米胚芽油です。お米の胚芽や米ぬかから取れる油です。ご存知の方も多いでしょうが、お米って意外と油っぽいのですよね。米ぬかも同様です。そのような植物由来、お米由来の油ですから、しっとりとしてなめらかです。それがまた保湿になるのです。

 

さらに、うるおいを逃がさないといわれる大豆エキスも配合されています。紫外線による乾燥から肌を守ってくれるのです。

 

そして、生薬としても知られていますが、ノイバラ果実エキスも配合です。ノイバラ果実エキスの成分が抗酸化作用や美白に効果があるといわれています。

 

澄肌CCクリームの使い方

 

澄肌CCクリームはテクニック要らずと言いますが、ちょっと、一手間かけるといいのですよー

 

それは手の甲にボトルからプッシュして出しますよね。その時にべちょっと出したままにしないで、手の甲のうえで、すこし伸ばしておくのです。指にべっちょりで、直接こってり顔に塗りつけるよりも、手の甲で伸ばしておいてから顔に塗りますと、適度な分量で顔に置くことができます。

 

顔のポイントポイントで、置いてからさらに優しく指先ですこし伸ばします。その後は、やさしくポンポンとたたくようにしてファンデーションを塗るのがコツです。

 

時間が経つと脂っぽくなりがちなファンデーションですが、このようにして使っておくと、さらさらでなおかつ、テカらないままでいられるのです。

 

ファンデーションといいますと、どうしてもたたきつけるか、塗りたくるかしがちですが、すべてやさしく、塗り込むというよりは押し込むイメージですね。

 

目指せ!透明美肌

 

私が驚いたのは、コーセーの「澄肌CCクリーム」のサイトに載っていた写真です。

 

瓶に入ったパウダーの写真(ページを下まで読んでいくと、真ん中あたりです)です。

一般的なBBクリームに入っているパウダーって、こんなにくすんだ色なのかぁって、思いましたよ。

 

さて、澄肌CCクリームのお値段は、送料無料で、3,500円(税抜)です。

その他、詳しいことはコーセーの米肌サイトにて、確認ください。

 

 澄肌CCクリームのサイトは、こちらから。

 

>>>>米肌【澄肌CCクリーム】

 

澄肌CCクリーム